Macky's つれづれ日記

CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
浜松ツアー<3日目>『キャッツ・カフェ』の巨大パフェ
0
    あっという間に浜松ツアー最終日になっちゃいました。

    しかも、生ものの宅配便が藤沢の自宅に届くという連絡があり、
    急遽、帰りの新幹線を早めて、夕方には藤沢へ
    戻らなくてはいけなくなってしまった……。

    というわけで、最後の一日は遠出をせず、
    ゆっくりと過ごすことに決定。

    午前中はハナちゃんと一緒に、wiiでゲーム三昧です。
    どのゲームも、私はまったく手加減をせず、
    本気で戦ったのに、ことごとく敗れました。
    小学校1年生にこうもあっさり負けるとは……(T_T)

    ランチは、私が「浜松ならではのお店に行きたい!」と希望し、
    浜松ではとってもメジャーだけれど、東京や神奈川では
    まったく知られていない、『キャッツカフェ』という
    ファミリーレストランへ行くことにしました。
    『キャッツカフェ』の看板は猫がいっぱいどう見ても普通のファミレス

    名前の通り、看板にも、のぼりにも猫が描かれているし、
    店内の装飾も猫グッズばかり。

    そして、まったく知らなかったんですが、
    私が麻布十番在勤中によく買いに行っていた
    麻布十番商店街にあるパン屋さん『モンタボー』の
    グループ会社だそうで、メニューにあるパン料理は
    すべて「麻布十番モンタボーのパンを使っています」と書かれていました。
    麻布十番モンタボーのパン

    そしてそして、注目すべきはこのお店の看板メニュー。
    浜松で『キャッツカフェ』といえば、「巨大なパフェ」だそう。
    ビッグなパフェたち

    お料理は普通のファミレスとたいして変わらないんですが
    デザートのパフェメニューはとにかく豊富で
    30種類以上あるそうです。

    しかも、半端なくデッカイ。
    メニューの中で一番サイズが大きなパフェ、
    「アンビリーバブル」(すごい名前ですよね!?)は
    1個¥4,189ですよ〜。

    バケツ1杯分ぐらいの超ビッグサイズ。
    10人ぐらいで、ワイワイいいながら食べるものなんでしょうね。

    「アンビリーバブル」よりちょっと小さいサイズは
    「ネバーギブアップ」(¥2,089)、
    その下は「チャレンジャー」(¥1,260)。
    もう名前を読むだけでお腹いっぱいになりそうです(笑)。

    私たちはさすがに、そんなジャンボパフェにはチャレンジできず、
    こちらを注文。
    「チョコとジャージーミルクロールのパフェ」(¥861)。
    私たちが3人で食べたパフェ

    もちろん、1個だけ頼み、3人で分けて食べました。
    でも、意外とあっさり食べられちゃって
    わずか5分ぐらいで間食してしまった。
    大満足でしたよ〜。

    その後、近所にある『まるたや洋菓子店』で
    私が浜松に来たら必ず買って買える大好きなクッキー、
    「あげ潮」を買って、浜松駅へ。
    まるたや洋菓子店の「あげ潮」

    今回はうなぎを食べる時間がなかったので
    最後に、駅に隣接するお土産ショップで
    『山吹』の「うなぎ弁当」(¥1,260)を買い、
    名残りを惜しみつつ、浜松を後にしました。
    山吹のうなぎ弁当

    しかし、2泊3日、本当によく食べたなぁ。

    さらに帰ってきて、バッグからお土産を出すと
    あまりの量の多さに、自分自身でびびっちゃった(笑)。
    今回のたびのお土産たち

    ミオちゃんが用意してくれていたいろんなお土産と、
    自分で買った浜松にしかないスウィーツの数々。
    食べ終わるのには相当、時間がかかりそうです。

    【キャッツカフェ】
    http://www.sweetstyle.co.jp/cats/
    | Gourmet | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    日本橋でサラリーマンランチを楽しむ
    0
      日本橋で買い物をするので、ランチ時に到着するようにし
      日本橋在勤の友達ぐっちゃんと待ち合わせて
      「日本橋のサラリーマンおすすめのランチスポット」へ
      連れて行ってもらいました。

      昨日の夜から「東京は未明から雪」という天気予報で
      電車が動かなくなったり、止まっちゃうんじゃないかと
      ビクビクしていましたが、問題なく動いていたので良かった。
      すごく寒かったですけどね。

      案内してもらったお店は
      ランチタイムはお魚の定食4種類だけしか出さない小さな割烹でしたが
      サラリーマンには大人気らしく、
      あっという間に席が埋まっちゃっていた。
      少し早めに行って大正解。

      「赤鯛糟漬焼定食」
      赤鯛糟漬焼定食
      この写真じゃわかりづらいけれど(白米が目立ちすぎ!)
      お魚が大きいくて厚みがあって美味しい〜。
      ご飯が進んじゃいます。

      でも、長居はできない雰囲気。
      食べ終わったらすぐに店を出て、近所の『ミカド珈琲』へ。

      「寒いよねー」と言いながら(笑)、この店の看板メニューという
      モカソフトを頼みました。
      ミカド珈琲のモカソフト

      コーヒーの味が濃かったです。
      甘すぎなくて、甘いものが苦手な男性にもいいかも。
      ちなみに、このモカソフトは
      来日したジョン・レノンもハマっていたそうです。

      【ミカド珈琲日本橋本店】
      http://mikado-coffee.com/html/newpage.html?code=55
      | Gourmet | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      神楽坂『アマテラス』で有機野菜のランチ
      0
        昨日の初詣の帰り、こちらも毎年の恒例なんですが
        神楽坂のフレンチレストランでランチを食べてきました。

        神楽坂はフランス人が多く住んでいるせいか
        とにかくフレンチレストランがたくさんあります。
        それを毎年1つずつ制覇しているのです(去年はイタリアンだったけど)。

        今年は東西線神楽坂駅から徒歩3分の『アマテラス』。
        赤い屋根が目印の小さなレストランです。
        赤い屋根がかわいい小さなお店

        席は2階。フランスのビストロっぽい雰囲気。
        それほど広くない2階

        ランチはA:¥1,680、B:¥2,300、C:¥3,800の3コースあり、
        私たちはオードブルとメインを選ぶAコースをチョイス。
        +¥315でデザート、さらに+¥210でコーヒーか紅茶が付きます。

        パンは自家製だそうです。
        自家製のパン

        オードブルは5種類用意されていましたが
        私もマリちゃんも同じものにしました。
        「サーモンのマリネ 有機野菜のグレッグ添え 洋梨のドレッシング」。
        サーモンのマリネ

        メインは私が「ハマチのポワレ 有機根菜のラヴィゴットソース」。
        ハマチのポワレ

        マリちゃんが「子羊肩肉のプレゼ ビールの香り」。
        子羊の肩肉のプレゼ

        デザートは私が「リンゴのブランマンジェ」。
        ヨーグルトのソルベ添えでした。
        リンゴノブランマンジェとヨーグルトソルベ

        マリちゃんは「アーモンドのタルト」。
        こちらはチョコレートのジェラート添え。
        アーモンドのタルトとチョコレートジェラート

        ブランマンジェはこんなかわいい瓶に入っています。
        牛乳の瓶みたいな容器
        リンゴのコンフィチュールが美味しかったです。

        料理はどれもボリュームがありました。
        2皿のコースだったのにお腹がいっぱいです。

        特にお野菜。力を入れているだけあって
        どれも素材の味がとっても生かされていて
        料理の味を引き立てていましたよ。

        【アマテラス】
        東京都新宿区神楽坂6-8-18
        TEL:03-3513-6505
        営業時間:ランチ  11:30〜14:00(L.O.)
             ディナー 18:00〜21:30(L.O.)
        定休日:火曜日(火曜日が祝日のときには翌平日がお休み)
        http://amaterrasse.hiciao.com/
        | Gourmet | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        新年最初のケーキは『然庵』の「いちごのロールケーキ」
        0
          今年最初のケーキは、いまのところ、藤沢近辺で
          一番美味しいと思うパティスリー『然庵』の新作ロールケーキ、
          「いちごのロールケーキ」です。
          いちごのロールケーキいちごとクリームがたっぷり

          自宅から近いのは湘南台店なんですが
          今回は車で買いに行けることになったので、
          一度行ってみたかった、ちょっと遠い場所にある
          用田店へ行くことにしました。

          用田店は住宅地の中にあるので、気をつけていないと
          曲がり道を見逃してしまいます。

          まるで、パティシエさんの自宅の庭みたいなお店です。
          お庭のような用田店

          駐車場は1台分しかないし、道が狭いので
          自分で運転しては行けないかも。

          【然庵】用田店
          神奈川県藤沢市用田1520-3
          TEL:0466-48-6879
          http://www.shikarian.com/
          | Gourmet | 00:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          『ARMANI/RISTORANTE(アルマーニ・リストランテ)』のデザート
          0
            先日、突発的に銀座のアルマーニタワー10階に入っている
            『ARMANI/RISTORANTE(アルマーニ・リストランテ)』で
            ランチを食べることになりました。

            まったく心の準備をしないままに行くことになったので
            メニューを開いてビックリ。
            ランチなのに¥12,000のコースだ〜。

            しかも、プリフィクスではなく、固定メニューで
            私の嫌いな食材がいっぱい。

            仕方なく、アラカルトで頼むことに。

            グラスなどの食器やカトラリーは
            下のショップ「ARMANI CASA」で売っているものでした。
            ARMANI CASAのグラスARMANI CASAのカトラリー

            ナプキンとかランチョンマットとかリネン系はイマイチ。
            マットは円形

            そして、なんと食事の写真を撮り損ないました(T_T)
            私にしては致命的なミス! すいません。

            撮影始めたのは食後のお口直しで出されたグラニテから。
            お口直しのソルベ

            デザートはしっかり撮影しました。
            こちらは「苺とアマレッティーの“ビアンコ・マンジャーレ”」。
            苺とアマレッティーのビアンコマンジャーレ

            で、こちらは「抹茶の冷たいティラミス」。
            抹茶の冷たいティラミス

            最後にカプチーノと小菓子。
            カプチーノと小菓子

            食事もデザートも味にはまったく期待していなかったんですが
            意外にもソースなどが凝っていて美味しかったです。

            ただ、値段が高い! 高すぎる!
            おごってもらえたから良かったものの
            もし、自腹だったらちょっと泣いていたかも。

            【アルマーニ・リストランテ】
            http://www.armani-ristorante.jp/ristorante/
            | Gourmet | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            フォーシーズンズホテル丸の内『ekki BAR&GRILL』 でアフタヌーンティー
            0
              東京駅に隣接する、フォーシーズンズホテル丸の内の11階にある
              『ekki BAR&GRILL(エキ バー&グリル)』での
              アフタヌーンティーを楽しんできました。

              本日は以前の会社の同僚たちで結成している
              「おいしんぼ会」のメンバーと一緒です。

              今回から参加するカップルもいて、なんと8人での
              アフタヌーンティーになりました。

              飲み物は紅茶が4種類、フレーバーティーが4種類、
              ハーブティーが4種類、日本茶が2種類、中国茶が2種類、
              そしてコーヒーがホットとアイスを合わせて7種類の
              合計23種類もあり、お替りは自由ですし、
              途中で別のお茶を頼んでも構いません。

              アイスコーヒーやアイスティーは氷自体が
              コーヒーや紅茶でできている優れもの。
              氷までコーヒー製

              紅茶はもちろん、ポットサービス。
              1つのポットで2〜3杯は飲めちゃいます。
              紅茶はポットサービス

              お茶がなくなる頃を見計らって、スタッフが
              「別のお茶をお持ちしましょうか」と声を掛けてくれます。

              食べ物はこんな感じ。
              イギリス風の3段トレイではありませんでした。
              アフタヌーンティーその1
              アフタヌーンティーその2アフタヌーンティーその3
              アフタヌーンティーその4アフタヌーンティーその5

              メニューは以下の通り。
              ----------
              ル・ブルトン ピスタチオ風味のブリオッシュ 鴨の胸肉のローストと共に
              牛ほほ肉のサンドウィッチ
              手長海老のトルティーヤ
              トリュフの風味クロックムッシュ
              金箔銀箔を纏ったキャラメルポップコーン
              ラズベリーゼリー
              キャラメル(アリバ・ミルク)
              マカロン(アリバ・ナシオナル)
              ブラウニー(スル・デル・ラゴ)
              スムージー(サンビラーノ・ミルク)
              チュロス チョコレートクリーム添え(サンビラーノ)
              ミニモンブラン
              ----------

              一皿にまとめるとこんな感じ。
              一皿にまとめてみました

              ちょっと足りない気がするのは私だけ?

              2月に香港のフォーシーズンズホテルで食べた
              アフタヌーンティーがすごく豪華だったので
              それに比べるとやや見劣りしました。

              まぁ、お茶をたくさん頼んだので
              お腹は十分に膨れましたけれどね。

              【ekki BAR&GRILL(エキ バー&グリル)】
              http://www.fourseasons.com/jp/marunouchi/dining.html
              | Gourmet | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              昨日のランチ報告!藤沢『La Bonne Palette(ラ・ボンヌ・パレット)』
              0
                昨日のことですが、たった1人の藤沢在住のお友達シブヤさんと一緒に
                最近シブヤさんのおうちのそばに出来たという
                フレンチ・ビストロカフェ『La Bonne Palette(ラ・ボンヌ・パレット)』で
                ランチを食べてきました。
                オープンしたばかりの『Ra Bonne Palette』

                4人掛けのテーブルが4つと、2人掛けテーブルが2つ、
                そしてカウンターに3〜4席あるだけの小さなお店です。

                こちらのオーナーシェフは
                フレンチの鉄人坂井宏行シェフの「ラ・ロシェル南青山」で
                副料理長だった潮田シェフ。

                結構すごい経歴の人らしいのに、
                メニューの値段は藤沢価格でお手頃です。
                こちらがランチメニュー

                今日は厨房にシェフ、ホールには奥様がいて
                2人で切り盛りしていましたよ。

                開店と同時に入ったので窓際の席に案内されました。

                「スープ、パン、メイン、デザート、コーヒー」の
                Bコースをチョイス。

                メインは3種類から選べ、どれもそれぞれ限定10食だそうです。
                私たちは一番最初の客だったので好きなものが選べました。

                こちらがスープとパン。
                ランチのスープランチのパン

                メインは私が「やまゆりポークの真っ黒煮込み」。
                やまゆりポークの真っ黒煮込み

                シブヤさんは「豚ホホ肉のクリーム煮」。
                豚ホホ肉のクリーム煮

                私のメインはバルサミコ酢でじっくり煮込まれた豚肉が
                とろけるようで美味しかったです。

                さらにデザート。
                シブヤさんが絶対食べたかったという
                「黒ゴマのクリームブリュレ」。
                黒ゴマのクリームブリュレ

                こちらが絶品でした。
                クレームブリュレは数が少ない限定品らしいので、
                シブヤさんは前回、食べ損なったそうで
                やっと食べられて感動していました。

                こんなに食べて¥1,260なんて、コストパフォーマンスは
                かなり良いです。
                しかもご馳走してもらってしまった。
                ありがとうございます。

                【La Bonne Palette(ラ・ボンヌ・パレット)】
                住所:藤沢市鵠沼花沢町1-3-9 ハナザワビル1F
                TEL:0466-47-3230
                営業時間:ランチ  11:30〜14:00
                     カフェ  14:00〜17:00
                     ビストロ 17:30〜23:00(L.O.22:00)
                | Gourmet | 17:22 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                舞浜イクスピアリのピッツェリア『Pitta 00(ピッタゼロゼロ)』
                0
                  昨日はディズニーランドの帰り、ジュリアーニのたっての望みで
                  イクスピアリに入っているピッツェリアで夕ご飯を食べてきました。

                  お店の名前は『Pitta00(ピッタゼロゼロ)』。
                  イクスピアリの『Pitta00』

                  ナポリピッツァをこよなく愛する自称「イタリア人」のジュリアーニは
                  関東近県にある「真のナポリピッツァ協会」認定店に足を運ぶことを
                  目標にしているらしく、この店にもずっと行きたがっていたのです。

                  というわけで、2日間のディズニーめぐりに付き合ったことの
                  感謝の意をこめて(!?)お望みの店へ行きました。

                  お店の入口右手にピッツァの焼き窯があります。
                  ピッツァを焼く窯

                  ピッツァをそれぞれ頼み、シェアすることに。
                  サラダと飲み物の付くセットで注文しました。

                  こちらがサラダとサービスで付くフォッカチャ。
                  サラダとフォッカチャ

                  トマト・チェリートマト・水牛のモッツアレラ・バジリコがトッピングされた
                  「マルゲリータ・エクストラ(PIZZA D.O.C)」(¥2,280)。
                  マルゲリータ・エクストラ

                  もう1枚はトマト・モッツアレラ・パンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)がのった
                  「ピッツア・パンチェッタ」(¥1,780)。
                  ピッツア・パンチェッタ

                  どちらもまずくはなかったけれど、ナポリピッツァとしては
                  特別美味しい!ってわけでもなかった気がします。

                  値段がもうちょっと安ければいいかな。

                  【Pitta00(ピッタゼロゼロ)】
                  http://www.ikspiari.co.jp/pitta00/index.htm
                  | Gourmet | 23:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  パークハイアット東京『ジランドール』でプチ・トランタンのランチ!
                  0
                    毎年恒例の「クラブ・トランタン」のランチ会が
                    今年は私の都合により開催できなくなってしまいました。
                    メンバーの皆さん、ごめんなさい。
                    来年早々には開催する気満々ですので、しばしお待ちを。

                    そして、不甲斐ない私に代わって
                    マユちゃんとナルちゃん主導による
                    「プチ・トランタン」の開催が急遽決定。

                    残念ながら4人という寂しい人数ではありましたが
                    雨の中、新宿にあるホテル、パークハイアット東京まで行ってきました。

                    本日の会場は41階のレストラン『ジランドール』。

                    前菜、スープ、メイン、デザートの中から3皿を選ぶ、
                    プリフィクスのコースです。

                    全員、悩むことなく「前菜、メイン、デザート」の3皿にしました。

                    私の前菜。
                    「鮪頬肉のコンフィとニース風サラダ」。
                    私の前菜

                    マリちゃんの前菜はボリューム満点の
                    「ターキーハム オニオンのマリネ
                    マッシュルームのミモザサラダ マスタードヴィネグレット」。
                    マリちゃんの前菜

                    マユちゃんとナルは「パテ ド カンパーニュ 赤キャベツとじゃが芋のサラダ添え 」。
                    マユちゃんとナルの前菜

                    で、こちらがパン。
                    ジランドールのパン
                    食べちゃうと、お替りを持ってきてくれました。

                    メインは私は「北海道産真鱈のブイヤベース仕立て ルイユ添え」。
                    私のメインディッシュ

                    マリちゃんとナルは「岩手地鶏モモ肉とパプリカ トマトのブレゼ
                    クミン風味のクスクス添え」。
                    マリちゃんとナルのメインディッシュ

                    マユちゃんは「渡り蟹と帆立貝のスパゲッティアラビアータ」。
                    マユちゃんのメインディッシュ

                    デザートは私とマリちゃんが
                    「季節のタルト ヴァニラアイスクリーム添え」。
                    季節のタルトは「クリームチーズとナッツのタルト」でした。
                    私のデザート

                    ナルは「ほろ苦いチョコレートムースとチョコレートシャーベット ミルフィーユ仕立て」。
                    ナルのデザート

                    マユちゃんは器がかわいい「ブランマンジェとみかんのジュレ」。
                    マユちゃんのデザート

                    さらにコーヒー、カフェオレ、エスプレッソ、紅茶(何種類かあった)から
                    1つ選べます。
                    飲み物にはクッキーが1枚付いてきました。

                    10%のサービス料込みで¥4,400。
                    おしゃべりをしながら4時間以上過ごしたので
                    それほど高くは感じませんでしたね。

                    ただ、ものすごーく気になったのは
                    お店でお誕生日を迎えるお客さんが異様に感じるほど多かったこと。
                    10人以上、お祝いしていましたよ。
                    今日が誕生日の人って、そんなにたくさんいるんですかね?

                    どちらかというとシックな雰囲気の店なのに
                    お店のあっちこっちから「happy birthday to you♪」と
                    スタッフによる歌声が聞こえてくるんです。
                    ちょっと興ざめ。

                    しかも、せっかく歌っているのに
                    どれもウキウキした気持ちや楽しい気持ちが感じられないの。
                    まるで「千の風になって」を聴いているかのような
                    厳かなバースデーソングで、祝われている人たちも
                    あまり嬉しそうじゃなかったのが、ある意味、印象的でした。。。

                    【パークハイアット東京 ジランドール】
                    http://www.parkhyatttokyo.com/Facility/Restaurant/girandole.html
                    | Gourmet | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    『BVLGARI IL CAFE(ブルガリ イル カフェ)』でひと休み
                    0
                      先日、表参道で2時間ほど時間を潰さなければいけなくなったので
                      「どうしようかなぁ」と迷った末、
                      以前から一度行ってみたかったブルガリのカフェ、
                      『BVLGARI IL CAFE(ブルガリ イル カフェ)』へ行くことにしました。

                      平日だし、ランチタイムも終わった時間だし、
                      それほど混んでいないかなぁと思って。

                      実際、店内はガラガラでした。
                      もしかして、いつもあんなに空いているのかしらん。

                      今回は寒かったので利用しませんでしたが
                      オープンエアのテラス席もありました。
                      もちろん、ストーブ付き。

                      メニューは思っていたほど高くなかったです。
                      とはいえ、やはり『BULGARI(ブルガリ)』ですから
                      そこらへんのカフェよりかは5割増しで高いですけどね。

                      今回、チョイスしたメニューはいろいろと味わえる
                      『ブルガリ ティーボックス』。
                      ブルガリ ティーボックスその1

                      手前が見づらいので、反対側からもパチリ。
                      ブルガリ ティーボックスその2

                      メニューは松坂牛のミニハンバーガー(普通サイズは¥4,500!!)、
                      パニーニ、コーヒーのパンナコッタ、
                      チョコレートのジェラートのせパネットーネ、
                      金箔ののったブルガリチョコレート、そしてコーヒーか紅茶。
                      これで¥3,000です。

                      最初は「高い!」と思ったけれど
                      真ん中にあるブルガリのロゴ入りチョコレート。
                      実はこれ、隣のチョコレートショップで
                      1個で¥1,500する代物なのです!!!!

                      紅茶が¥1,000前後するので
                      いろいろと味わえて、この値段はお得感があると思う。

                      お茶もこんなに大きなポットで持ってきてくれるうえ(しかもクッキー付き)、
                      頼むとお湯も追加で持ってきてくれます。
                      大きな紅茶ポット

                      2時間の滞在で7〜8杯、飲んじゃいました。

                      スタッフの対応も気持ち良く、化粧室に行こうと思ったら
                      先にスタッフが2つある個室をノックして空き状態を確かめてから
                      「こちらです」と案内して、ドアを開けてくれるんですよ。

                      ソファも座り心地がいいし、店内は落ち着いた雰囲気なので
                      2〜3時間、お茶を飲みながらダラダラと本を読んだり、
                      おしゃべりを楽しむには非常にいいお店だと思います。

                      夕方には照明を半分ぐらい落とし、
                      各テーブルにキャンドルを持ってきてくれました。
                      一気にムーディーな雰囲気になってドキドキしちゃった。

                      今後も経費で落とせるときなんかは(笑)
                      積極的に利用していきたいなぁ。

                      【BVLGARI IL CAFE(ブルガリ イル カフェ)】
                      住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 表参道GYRE 2F
                      TEL:03−6362−0500
                      営業時間:11:00〜23:00(L.O. 22:00)
                      | Gourmet | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP