Macky's つれづれ日記

CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
舞台『フライパンと拳銃』鑑賞
0
    新大久保にある「東京グローブ座」で上演中の舞台、
    『フライパンと拳銃』に招待していただいたので
    ふらりと観に行ってきました。

    主役はジャニーズV6の長野博。
    その他にジャニーズからだと風間俊介くん、
    富田靖子、高杉亘、斉藤暁、野川由美子と
    若干地味なので(す、すいません)、
    お客さんは入っているのかしら?と
    不安でしたが、平日なのにもかかわらずほぼ満席でしたね。

    まったく予備知識を持たずに観たんですが
    ストーリーは結構面白かったです。
    予定調和な部分も多かったし、最後のまとめ方は
    やや平凡でしたけれど、出演者たちが
    芸達者だったので十分に楽しめました。

    お客さんが入っていたのは「面白い」と思った
    リピーターが多いのかもしれませんね。

    【フライパンと拳銃】
    http://www.g2produce.com/other/frypan/index.html
    | Entertainment | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    舞台『道元の冒険』鑑賞
    0
      渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演されている
      蜷川幸雄さん演出の舞台『道元の冒険』を観に行ってきました。
      原作は井上ひさしさんです。

      予備知識をほとんど持たずに観たんですが
      予想外に(?)面白かったですよ〜。

      ミュージカルっぽい部分があって、みんなで歌う曲が
      どれも結構インパクト大。
      オープニングにかかる歌なんて、サビが忘れられなくて
      観終わってからも、ずっと口ずさんじゃいましたよ。

      「般若波羅、波羅、波羅、波羅蜜多♪
      (はんにゃはら〜 はらはら はらみった)」って。

      出演者は10人ぐらいなんですが、皆さん、1人で何役もこなすので
      その早替わりぶりが1つのアクセントになっています。

      曹洞宗の開祖・道元の人生を振り返る、って話のせいか
      宗教的なセリフが難しくてわかりづらいけれど、
      全体的には軽いノリなので、混乱したりはしませんでした。

      主役は道元役の阿部寛さんですが、どちらかというと
      道元の弟子役の木場勝己さんが核となる舞台、って感じでした。
      木場さんの演技力は本当にすごい!

      また、栗山千明ちゃんと横山めぐみさんが坊主頭になっていて
      かわいいかったです。

      話そのものは、ちょっとブラックが入ったコメディーかなぁ。
      言葉遊びがいっぱい入っているし、場面展開が何度もあるので
      3時間20分近くという長丁場ながら、飽きません。
      声を出して笑えるシーンがたくさんありました。

      ただ、イスが硬くて、お尻が痛くなっちゃった。
      これから観に行く人はクッション持参がいいかもしれませんね。

      【道元の冒険】
      http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/shosai_08_dogen.html
      | Entertainment | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      東京セレソンデラックス『夕』鑑賞
      0
        今日は会社の人からのお誘いに甘え、
        新宿シアター・サンモールで上演されている
        東京セレソンDX(デラックス)のお芝居『夕』を観て来ました。

        「東京セレソンンデラックス」は
        テレビドラマ『花より男子』『歌姫』などの脚本家である
        サタケミキオさん主宰の劇団です。

        サタケミキオさん自身が、俳優さんでもあり、
        俳優のときは「宅間孝行」という名前で活動しています。
        今回の『夕』も「主演は宅間孝行」ですし、
        ちょっとややこしいですよね(笑)。

        内容に関しては、非常にベタです。
        そうとしか言えない(笑)。
        でも、笑って泣けるストーリーではあるので
        観に行って損はないと思いますよ。

        サタケさんと私がほぼ同年代だからかもしれないけれど
        私と同世代の人にはツボにはまるお笑いネタが満載です。
        それでも、終盤はちゃんと泣かせる展開になっていて
        最後のほうはすすり泣いている人がたくさんいました。

        ちなみに客演で永井大が出ているからか、客席には
        同じ事務所の俳優、高橋克典と堺正章が観に来ていました。

        【東京セレソンデラックス『夕』】
        http://www.ts-dx.com/next/yu/
        | Entertainment | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        石川さゆり『芸能生活35周年記念特別公演』鑑賞
        0
          昨日は深夜というか朝まで仕事をしていたので、すっかり寝不足。
          でも、眠い目をこすって、午前中から明治座で上演されている
          石川さゆりさんの『芸能生活35周年記念石川さゆり特別公演』を
          観に行ってきました。

          先日、インタビューをさせていただいたので
          その関係でご招待していただいたのです。

          第1部がさゆりさん主演のお芝居
          『奇想天外 〜マダム貞奴のオッペケペー人生(ジャーニー)』、
          第2部が石川さゆりオンステージ『流れゆく歌』。

          こんなベタベタなエンタメショーを観るのは実は初めて(笑)。

          予想はしていたけれど、年齢層はかなり高め。
          間違いなく、私が最年少でしたね、あれは。

          何度も眠気に襲われながらも、お芝居は最後まで観ました。
          さゆりさんは川上貞奴を演じています。相手役は近藤正臣さん。
          全般にわたって、コミカルなお話でした。

          第1部が終わって休憩時間。
          明治座さんはもともと料亭だったので、お食事には力を入れていて
          豪華なランチを食堂で食べることができます。

          ただ、今日はほぼ劇場が満席だったので、食堂も混んでいると思い、
          私は2階のカフェでサンドイッチと紅茶で済ませました。

          一緒に観に行っていた営業さんが「これ食べたい」と
          注文したのが「和風サンドイッチ」。
          和風サンドイッチ

          何が和風かと言うと挟んであるものが「かまぼこ」「チーズ」「海苔」。
          こわごわ食べましたが、確かに和風だ!
          海苔の香りがふんわり残るんです。すごいアイデア。

          サンドイッチに感動しているうちに休憩時間が終わり、
          第2部スタート。

          オンステージになった途端に、客席では
          「さゆりちゃーん!」っていうオバちゃんの黄色い声援と
          「サユリー!!!!」っていうオジちゃんの野太い掛け声が
          飛び交っていました。

          今日、3月25日はさゆりさんのデビュー日だそうで
          まさに今日から36年目という記念すべき日だったらしい。
          おかげでショーの合間にはステージまで歩いていって
          プレゼントを届けているファンもたくさんいました。

          そして、さゆりさんも自然体で客席と会話のキャッチボールをしていて
          ものすごくほのぼのとしたショーでしたね。

          何より生で聴いた『津軽海峡・冬景色』『天城越え』は
          鳥肌が立っちゃった!!
          さすがの歌声でございました。
          | Entertainment | 16:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          強風の中、『ドラリオン』鑑賞
          0
            会社で「余っているから行ってくれば」とチケットをもらったので
            久しぶりにシルク・ド・ソレイユの『ドラリオン』を観に行ってきました。

            昨日に引き続き、ものすごい強風だったので
            会場である特設テント『新ビッグトップ』も揺れに揺れていましたよ。
            そして、場内はあいかわらずの満席状態。
            普通に買ったらSS席は1枚¥11,500もするのにみんな、すごいなぁ。

            『ドラリオン』はオープニングからちょっとした仕掛けがあって
            (その謎は第1部が終わる頃に「ああ、なるほど」とわかります)
            初めて観に来た人は、その辺から雰囲気に飲み込まれていきます。

            私は2回目なので、今日は音楽を楽しみました。
            生演奏&生歌(ディーバがいて、毎回歌います)ですから、迫力は満点です。
            でも、日ごろの寝不足がたたって、音楽に合わせて
            眠気が襲ってきたりもして、大音響なのにウトウトしてしまった。

            第2部はエンディングに向かって、ヒートアップしていくので
            眠気なんて感じませんでしたけどね。
            面白いですから、皆さん、ぜひ1度、観に行ってください!
            4月までやっていますよ!

            【ドラリオン】
            http://www.dralion.jp/
            | Entertainment | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            アルゼンチン・タンゴミュージカル『タンゲーラ』鑑賞
            0
              渋谷のBunkamuraオーチャードホールで上演されていた
              アルゼンチン・タンゴミュージカル『タンゲーラ』を観てきました。
              タンゴミュージカル『タンゲーラ』

              どうしても観たかったので、無理を言って
              席を用意してもらったんですが
              観に行って本当に良かったです。
              すごく素敵なショーでした♪

              ミュージカルとは言っても、歌は歌姫(ディーバ)が数曲歌うだけで、
              バンドネオンの演奏とダンスだけでほとんどのストーリーを展開します。
              でも、不思議なことにストーリーは理解できます。
              セリフなんてなくても、踊りだけで伝わってくるものがあるんですね。

              何よりバンドネオンの演奏がいい!
              アルゼンチン・タンゴの情熱と切なさを
              あそこまで音色で表現しちゃうなんてすごい楽器だと思います。

              千秋楽の最後の回だったこともあり、ダンサーもノリノリだったみたい。
              キレもいいし、ステップの細かさやリフトの高さは見事!

              特に主役クラスの3人が一緒に踊るシーンは圧巻でした。
              1人で踊るタンゴや、ペアで踊るタンゴは観たことがあるけれど
              3人で踊るのなんて初めて観ました。
              超カンドー的でしたよ〜。

              終わったときにはいち早く立ち上がって
              「ブラボー!」って叫びながら拍手をしまくっちゃいました。
              会場も総立ちで、拍手喝采でした。
              ダンサーたちもよっぽど嬉しかったようで
              アンコールでも踊りまくり。
              スタッフの子いわく「いつもよりアンコールの回数が多かった」そうです。

              こんなに面白いんだったら、もう1回ぐらい観たかったなぁ。
              また、来年当たり、来日公演しないですかね。
              | Entertainment | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              ユーミンソング・ミュージカル『ガールフレンズ』鑑賞
              0
                今日はお仕事の関係で、夕方から天王洲アイルにある銀河劇場へ行き、
                ホイチョイプロダクションの馬場さんが演出する
                ユーミンソング・ミュージカル『ガールフレンズ』を観て来ました。

                その名のとおり、全曲ユーミンの音楽で構成されているミュージカルで、
                セリフは一切ありません。
                曲の歌詞がセリフとなって、ストーリーが進行していきます。

                様々なシチュエーションに合う曲(歌詞)があるってだけでも
                ユーミンがどれほど多くの曲を書いてきたのかがわかりますね。

                歌を歌うのは女の子2人だけで、男性キャストや
                バックで踊ったり、演技したりしている女の子たちはあくまで演技のみ。
                言葉は一言も発しませんでした。

                主役は2人の女の子。どちらもWキャストで、今日の主役は鈴木蘭々。
                すっかりご無沙汰でしたが
                久しぶりに見た蘭々ちゃんは、やっぱりかわいかったです。

                ちなみに、相手役のWキャストの1人は島谷ひとみ。
                ただ、今日は島谷ひとみではなく、池田有希子さんという人でした。
                結構ベテランの舞台女優さんみたい。
                正直、舞台では一人、浮きまくっておりました。

                様々な事情があり、これ以上の感想やコメントについては控えます。
                気になる人は、ご自分でチケットを買って
                ぜひ、観に行ってください。

                【ガールフレンズ公式ホームページ】
                http://girlfriends.jp/index.html
                | Entertainment | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                服部有吉&ラスタ・トーマス『ラプソディ・イン・ブルー』鑑賞
                0
                  お台場のテレビ局にお勤めのカンちゃんにご招待していただき、
                  渋谷Bunkamuraのオーチャードホールで催された
                  シンフォニック・バレエ『ラプソディ・イン・ブルー』を観てきました。

                  『ラプソディ・イン・ブルー』は作曲家・服部良一氏の孫であり、
                  ドイツのハンブルグバレエ団でソリストを務め、今シーズンから
                  カナダのアルバータバレエ団に移籍した、服部有吉くんが
                  自ら振り付け、そして出演するバレエです。

                  有吉くんはここのところ、テレビや雑誌などに出まくっているので、
                  見たことある人もいるのではないでしょうか?

                  普通、クラシックバレエは舞台の手前に半地下みたいな
                  オーケストラピット(オケピ)があって、オーケストラはそこで
                  演奏しています。
                  でも、今日は舞台上にオーケストラがいて、その手前や
                  その上(つまりオーケストラの上部)に設けられた特設ステージで
                  ダンサーが踊るという、ちょっと変わった趣向でした。

                  有吉くんは踊るだけじゃなく、振り付けにも力を注いでいて
                  日本でのチャレンジ的な公演はこれが4回目だそうです。

                  ちなみに、演奏は総勢60人ぐらいの東京フィルハーモニー交響楽団。
                  指揮者は金聖響でした。去年、女優のミムラと結婚した人ですね。

                  生のオーケストラを聴くのは久しぶりなので
                  正直、バレエよりも音楽に私は期待していました。

                  『のだめカンタービレ』が流行って以来、
                  初めてのオーケストラ演奏を聴く機会でしたから
                  それまであまり注目していなかった指揮者(千秋さま?)に注目しながら聴いてしまった。

                  バレエは予想していたクラシックバレエではなく、
                  コンテンポラリーとモダンとストリートダンスの加わった創作バレエで
                  正直、大半はちょっと難解なものでした。
                  しかも、ダンサーが男性オンリーだったし。
                  ダンサーも実力の差が結構はっきりしていて
                  まとまりという点ではバラバラ感は否めなかったなぁ。

                  でも、唯一の外国人ダンサー、ラスタ・トーマスはさすがの安定感と雰囲気で
                  “魅せて”くれましたね。
                  ブロードウェイで主演を張った人だけに、クラシックだろうが
                  モダンだろうがきっちりと踊りきってしまうところが素敵でした。

                  何度も眠気に襲われる状態でしたが、
                  最後の一曲となった『ラプソディ・イン・ブルー』は
                  とても楽しいステージで
                  会場もダンサーも演奏者も一体となって楽しめました。

                  全曲、『ラプソディ・イン・ブルー』みたいにわかりやすかったら
                  もっと楽しめたんですけどね。
                  振付師の世界観を表現することに軸をおくか、
                  お客さんを楽しますところに軸をおくかの違いなのかな。
                  | Entertainment | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  それでいいのか、陣内&紀香
                  0
                    仕事をしながら、陣内孝則と藤原紀香の結婚披露宴を
                    会社で見ていました。

                    いやぁ、よくやるなぁ。
                    ある意味、2人の突き抜けたおバカップルぶりに関心しましたよ。

                    陣内なんて、朝早くからずっと、放映権を買い占めた
                    日本テレビの番組に生中継で出っ放しですからね。
                    自分の結婚式の当日に、それを宣伝しまくる芸能人なんて
                    初めて見ました。
                    視聴率獲得の営業のためとはいえ、節操ないぞー!

                    そして、紀香は披露宴当日に暴露ネタ満載の自伝を出すなんて
                    商魂たくましい〜。

                    「ああ、もう勝手にやってちょうだい」というぐらい
                    バカバカしい結婚式だったけれど、社内が騒然としたのは
                    郷ひろみがピンクのジャケットでノリノリで登場したとき!!

                    もう、社内中の人たちがテレビに釘付けでした!
                    仕事の手が全員止まってしまいましたから。
                    今日の披露宴の中で、一番盛り上がったシーンと言ってもいいでしょう。

                    新郎新婦を完全にくっちゃっていましたね、ヒロミ・ゴーは!
                    歌い終わって3人で並んだときなんて、紀香とヒロミ・ゴーがカップルで、
                    陣内がお付きのマネージャーみたいだった(笑)。

                    引き出物はほとんど消えモノだったようですね。
                    これからのことを考えたら、永遠に残るモノにしなかったのは正しい選択かも。
                    とはいえ、2人の顔写真が入ったチョコレートなんて、いらないよ〜。

                    久しぶりに「なんて、くだらないんだ〜」と見ていた全員が口をそろえて
                    感想を述べちゃうような、どうしようもない中継でしたが
                    本人たちは大満足なんでしょうから、いいんじゃないですかね、はい。
                    | Entertainment | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    金のバラが咲きました!
                    0
                      ついに、ついに咲きました! 金色のバラが!
                      金のバラ、誕生

                      「どうぶつの森」を始めて、早6ヵ月。
                      ここまで長かったなぁ。

                      次は金のなる木を育てることが目標です。
                      | Entertainment | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP