Macky's つれづれ日記

CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 1億円の車に乗っちゃいました!! | main | たこ焼き作りに初挑戦! >>
2度とタワーレコードでは買い物しない!宣言
0
    昨日は怒り大爆発だったので、
    気持ちが落ち着くまで書くのはやめようと
    思っていたのですが、案外、あっさりと落ち着いたので
    昨日の出来事について書こうと思います。

    昨日の午前11時から、錦糸町の商業施設『オリナス』内の
    『TOWER RECORDS(タワーレコード)』で
    “ガチャピン一日店長”というイベントがありました。
    そのことは11月末から知っていたので、
    私はずっとこの日を楽しみにしていたんです。

    年明けから風邪をひいていましたし、
    6日の東京はバケツをひっくり返したような
    大雨で、ものすごーく寒かったけれど
    「10時から、ガチャピンと一緒に写真が撮れる整理券を配ります」と
    HPにも、店舗のポスターにも告知されていたので
    まだ開店していない『オリナス』の入口に出来ている行列に
    ビシャビシャに濡れながら並びました。

    列には、整理券と引き換えになるタワーレコードの
    キャンペーンシールを持っている親子連れやカップルが
    たくさん並んでいました。
    寒さに震えながら待ち続け、やっと10時にオープンとなり、
    建物の中へ入ったとき、どれほどホッとしたか。

    そのまま、前に並んでいた人から順番に
    4階にあるタワーレコードへぞろぞろとエスカレーターで移動したのですが
    そこで目にしたのは、すでに出来上がっている長蛇の列。。。

    「え、なんで?」
    目がテンになったのは言うまでもありません。

    それでも、「この後ろに並んでください」と案内されたので
    「整理券がもらえるなら、まぁいいか」と、黙って並びました。
    列は瞬く間に200人ぐらいになりましたが、
    特に「先着何人までです」というアナウンスもないので、
    みんな、整理券の順番をジッと待ち続けたんです。

    その様子をタワーレコードのスタッフが嬉しそうに
    写真に収めていました。
    私もイベントの仕事をたくさん経験してきましたから
    「こんなにお客さんがきました」という写真を
    イベントの終了報告書に添付するのだなぁ、眺めていたのですが
    写真を撮り終わった途端に、いきなり店員が数を確認し始め、
    私の数組前で「はい、ここでおしまいです」と列を切ったのです。

    その途端、列に並ぶ人たちは大ブーイング。
    でも、スタッフは「先着50組なのでもうおしまいです」と
    繰り返すだけでした。

    50組だと最初からわかっていたのなら、200人以上を
    何分も並ばせる必要はなかったでしょう。
    そもそも、最初からカウントしていれば、
    開店前に、いつの間にか入り込んでいた人たちで
    すでに整理券は終わっていたことがわかったはずです。

    つまりは、「たくさん並んでいる」という写真を撮るためだけに
    わざと人数をアナウンスせずに、
    何分間もお客さんを並ばせていたとしか思えません!
    雨の中、ずぶ濡れになって待っていたお客さんに対して
    なんてひどいことをするんでしょう。

    外で私よりも前に並んでいたおじさんが、烈火のごとく怒って
    責任者に詰め寄っていました。
    もちろん、私も怒り心頭!
    どういうことなのか、説明を聞かなければ納得できません。

    タワーレコードの責任者は、雨に濡れながら外で待っていた人が
    整理券をもらえなかった原因を
    「入口の警備員に“もし、「タワレコに来た」と言われたら
    開店前に館内に入れてもいい”と伝えてあった」と言うのです。
    なんだ、その「山」「川」みたいな暗号は……。

    警備員から、雨の中、待つ人たちに対して
    「中へ入ってください」なんてアナウンスは一切ありませんでした。
    そのことを責任者に伝えても
    「警備員に問い合わせなかった、あなたが悪い」みたいなことを
    言い出す始末。
    大勢が同じシールを持って並んでいたら、その後ろに並ぶ
    心理は当たり前でしょう!!
    わざわざ、警備員を呼んで、「中に入っていいか」と
    聞く人なんて少数じゃないのかな?
    私は間違っていますか?

    そもそも、警備員はあくまで『オリナス』の警備員であり、
    タワーレコードの雇った人ではありません。
    これがタワーレコードの雇った人なら、警備員の職務怠慢だけれど
    「聞かれたら、入れてあげて」と言われた程度じゃ
    よっぽど気がきく人でもない限り、
    率先して、大雨の中に出て、
    大声で「タワーレコードに来た人は中に入ってくださーい」と
    アナウンスしたりはしないでしょう。

    「警備員に言った、言ったと言い訳しているけれど、
    こういう場合、普通はタワーレコードの店員さんが
    入口の様子を見に来て、“中に入っていいですよ”と
    アナウンスすべきではないですか?
    しかも、今日は朝から大雨だってことぐらい、
    昨日の段階からわかっていましたよね?
    雨の中でお客さんが待っているかもしれない、という想像を
    誰一人しなかったんですか?」と意見しても
    「それはそうだけど…。とにかく、警備員の問題」の一点張り。

    「じゃあ、雨の中、待っていた人に対して追加で整理券を配るとか、
    別の日に別店舗でやる同イベントに優先的に招待するとか、
    何かしらの対応策ができないんですか?」と聞いても
    「50組は50組ですから無理」と、対応する気ゼロ。

    雨の中、ずっと待っていたのに整理券がもらえないとわかって
    泣き出す子供もたくさんいて可哀相だったので、
    「じゃあ、せめて、子供だけでも全員集めて、1枚でいいから
    まとめて写真(集合写真)を撮ってあげるとかできないの?」
    と提案しても「50組だけだから」と聞く耳持たず。
    挙げ句の果てには
    「とにかく、イベント会社のしきりだから、うちは何も言えない」
    とプチ逆ギレですよ。

    「あなたたちがクライアントでしょ!?
    お金を払うクライアントに発言権が一切ないイベントって何よ!?」と
    呆れを通り越して、「こっちが素人で何もわからないと思って
    適当な言い訳をするな!」とブチ切れそうになりました。

    イベントをやる以上、突発的事態が起きるのは当たり前です。
    でも、そこでどれだけ誠意ある対応をするかで
    イベント主催者の客に対する誠意が現れると思います。

    今回のタワーレコードには誠意なんて、かけらもありませんでした。
    最も情けない言い訳は
    「この店舗では初めてのイベントだから(失敗は)仕方ないじゃないですか」
    というものです。
    初めてだからこそ、「成功させるために、
    できる限りのことをしようと頑張る」姿勢が
    大切だと思うんですけどね。
    「初めてだから失敗しても許すべきだろう」と自分たちの不手際を棚に上げて
    客に寛容さを求めるイベントなんて、生まれて初めて体験しましたよ…。

    天下のタワーレコードの責任者としては、
    「客の1人や2人のたわ言は聞き流しちまえ」とでも思っているのでしょう。
    「なんとかフォローするように策を練る」気は一瞬たりとも見せませんでしたね。

    それ以上、話しても時間の無駄だし、疲れるだけだと判断したので
    私は帰ってきた次第です。

    とりあえず、今後はタワーレコードでは
    2度と買い物をしない! と宣言します。
    私が買わなくなったって、お店にとっては痛くも痒くもないだろうけれど
    自分の汗水たらして稼いだお金を1円でも、タワレコに落としたくないもの!!

    ちなみにこの件はきちんと本社にもクレームとして連絡をしました。
    無視されるか、何かしらの返答があるか、謎です。
    | Private | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.macky.nikita.jp/trackback/370421
    トラックバック