Macky's つれづれ日記

CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 30代独身OLの生態を描く『独りでできるもん』 | main | 『デジャヴ』鑑賞 >>
『市原ぞうの国』へゴメスに会いに行く
0
    昨日の夕方、珍しく仕事中にHちゃんから電話がかかってきました。

    Hちゃん「ゴメスに会いに行かない?」
    わたし 「???」
    Hちゃん「いま、すごく癒されたい…。ゴメスに会えば癒されるかも」

    全然会話が成立していなかったので
    「ちょっと、筋道を立てて話してくれる?」と聞いたところ

    (1)最近仕事で忙殺されていて、日常からかけ離れた場所で癒されたい…。
    (2)大好きな深夜のテレビ番組『チンパンニュースチャンネル』の
       放映が終了してしまった。その番組の司会を務めていた
       ゴメス・チェンバリン(チンパンジー)はどうやら
       千葉県の市原にある『市原ぞうの国』という動物園にいるらしい。
    (3)ということで、『市原ぞうの国』へゴメスに会いに行って癒されたい。

    ってことだったらしい。
    どうしてゴメスに会うと癒されるのかはわからないけれど
    「何がなんでもゴメスに会いたい」という熱意に負けて
    お付き合いすることにしました。

    ところで皆さん、『市原ぞうの国』って知っていますか?
    私は全然知りませんでした。
    ホームページを検索したら「動物と触れ合える、ぞうに乗れる動物園」と
    書いてありました。
    そんな動物園があったとは。。。

    ということで、今日はお昼前から千葉県市原市へ。
    高速の市原ICを降りてから、地図に従って車を走らせたんですが
    進めば進むほど、景色がものすごいド田舎になっていき、
    最後には2台の車がすれ違えないような狭い山道を突き進むことに。

    そして、やっとたどり着いた『市原ぞうの国』に絶句。
    こんなに地味な動物園だとは…

    ここまで地味だとは想像しておりませんでした。
    至るところが手作り感満載です。
    無料で入れる横浜の野毛山動物園をイメージしていたんですけど
    比べものにならないほど、アットホームな動物園でした。
    入場料は¥1,800もかかりましたけど。

    着いてから知ったんですが、数年前に映画になった
    柳楽優弥くん主演の『星になった少年』の原作に出てくる
    象使いの男の子のお母さんが、亡き息子の遺志を継ぎ
    私設で立ち上げた、象のための動物園だそうです。

    我々は着いてすぐ、象よりもまずゴメス、ということで
    チンパンジーのスマイル(っていうのが本名と判明)のオリへ向かいました。

    そこにはなんと、こんな看板が……。
    なんと、ゴメスがいない!

    Hちゃんは呆然。
    「せっかく会いに来たのに…」と肩を落としてしょげていました。

    「残念だったね」と慰めながら、気を取り直して、
    ほかの動物を見学して周ることに。

    最初は落ち込んでいたHちゃんも、小さな動物園ならではの、
    のどかな環境に機嫌も上昇。
    この動物園は、本当に人間がオリの中に入って
    動物と触れ合ったり、直接エサをあげたりできるんですよ〜。

    Hちゃん、象さんにエサをあげています。
    象にエサを供給中

    次はアライグマのゴミオ(どんな理由で命名したのやら)一家へエサを支給。
    ゴミオって名前はどうかしら?

    エサに貪欲なアライグマ一家

    さらに、やたらと食い意地のはっていたモルモットたちにニンジンを与えてみるHちゃん。
    食い意地の張ったモルモットたち
    モルモットたちは怖いぐらいの勢いでニンジンにかぶりついていました。

    動物たちにエサをあげているHちゃんの嬉しそうな顔ったら。
    「ゴメスに会えなかったのは残念だったけれど、ちょっとは癒された」
    と満足げでした。

    私は私で、放し飼いにされているプレーリードッグを見つけて大騒ぎ。
    以前、マリちゃんの飼っていたトトを思い出し、
    「トト! トト!」と呼びかけてしまいました。
    懸命にエサを食べる姿にキューン! 思わずパチリと撮ってしまった。
    エサを食べるプレーリードッグたち

    また、一番好きな動物、レッサーパンダも発見!
    大好きなレッサーパンダ
    めちゃめちゃ、かわいかったですぅぅ。

    15時からはメインステージ(?)で“ぞうさんショー”が開催されました。
    こんな地味なところで……。
    象のショー会場。地味すぎ!

    象は山の上の自分たちの小屋から、ディズニーランドのエレクトリカル・パレードみたいに
    園内を行進しながらステージにやってきます。
    行進しながら入ってくる象たち

    調教のためにわざわざ、タイのプロの象使いを雇っているそうです。
    象使いはタイからやってきています

    観客はけっして多くはないですが、子どもに帽子をかぶせてあげたり、
    鼻にぶらさがらせてブランコをしてあげたりと、
    さまざまな小技を披露するたびに拍手喝采です!
    子どもに帽子をかぶせる象さん

    最後の大技!

    予想以上に“ぞうさんショー”を満喫したし
    「じゃあ、帰ろうか」となったんですが、ふと思い立って
    「念のため、もう一度、ゴメス(スマイル)を観に行こうか」と相談し、
    チンパンジーのオリに走った私たち。

    すると!!
    なんと、ゴメス(スマイル)がいるじゃないですか!
    ついにゴメス・チェンバリンが!

    本物を目の前にしたHちゃんは大興奮。
    オリにかぶりつくぐらいの勢いでゴメスに見入っていました。

    帰りの車の中でも
    「すっかり癒された〜。今日は来て本当に良かった!」と
    喜んでいましたよ。

    それにしても、気になるのは
    「チンパンジーに会いに行きたくなる」仕事のプレッシャーって
    いったいどんなものなんでしょうね?

    【市原ぞうの国】
    千葉県市原市山小川937
    開園時間 9:00〜17:00(最終入園16:30)
    休園日  毎週木曜日
    http://www.zounokuni.com/
    | Amusement | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.macky.nikita.jp/trackback/421341
    トラックバック