Macky's つれづれ日記

CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 自分磨きの第一歩? | main | 役得にもいろいろとある >>
anan「血液型でわかる本当のあなた」で本当にわかる?
0
    先週発売された雑誌ananの特集は
    「超最新版!血液型でわかる本当のあなた」。

    当たっているか、当たっていないのか、確かめてみましょう。

    巻頭特集は「血液型+SM体質診断で赤裸々に。あなたに潜む本当の自分とは?」
    ってことで、まずはSM体質を診断してみました。

    この場合のSとMはサディズムとマゾヒズムではなく、
    「主に精神面において自分を抑圧しやすい体質=M」
    「相手に向けて開放しやすい体質=S」
    「上記の両方が比較的表れにくい体質=N(ニュートラル)」
    「どちらの傾向も多くの場面で表れる体質=S+M」
    だそうです。これは心理テストで診断でき、私はAB型+N体質と判明。

    <診断結果>
    --------------------------------
    二面性が強いとされるAB型の中では、能力的にも性格的にもバランスがとれた優等生タイプ。
    有能で協調性も高く、人や仕事に対する好き嫌いも表には出さないため、信頼度は抜群です。
    おまけに多趣味が幸いして、人脈も豊富。
    多くのAB型は、えてして冷たい印象をもたれがちですが、この組み合わせの人は
    自己コントロール力が強く、意識的に愛想よく振る舞うことができます。
    誰にでも穏やかな印象を与え、初対面の人とも打ち解けやすく、
    人と人とを結びつけるコーディネーター役に打ってつけといえるでしょう。
    --------------------------------

    だそうです。さらに、

    --------------------------------
    自己表現力が乏しいのはAB型共通の弱点ながら、このタイプは特にそう。
    決して口下手ではなく、むしろ会話上手なのに、聞き役に回るケースが多く、
    自分のことに触れられると、つと話題を逸らすなど、なかなか自分をさらけ出せないタイプ。
    その代わり、自分が自分がとしゃしゃり出ることもないため、
    目上の人からは可愛がられ、後輩には優しいお姉さんと慕われている人が大半でしょう。
    仕事でも、アシスト、知恵袋役を務めたときに最大のパワーを発揮。
    リーダーとしてみんなを引っ張るより、フォローに徹して部下をまとめ、人望を得てください。
    --------------------------------
    ということでした。

    さて、これはあっているでしょうか? 間違っているでしょうか?
    判断は私を知る方々にお任せします(笑)
    | Book | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.macky.nikita.jp/trackback/562588
    トラックバック