Macky's つれづれ日記

CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 2泊3日の香港旅行スタート! | main | さらば、香港! >>
100万ドルの夜景は良いけれど
0
    今日は朝から早起きして、分刻みのスケジュールで
    香港観光です!!

    まずは、香港を訪れたことのある人たちが
    皆さんオススメしてくれたレストラン『糖朝』で朝食を。
    日本では高級な『糖朝』

    朝8時台だったのに、日本人観光客がいっぱいいた!
    店内は日本人観光客でいっぱい

    2人とも、おかゆを頼んだんですが1人1個は多いかも〜。
    私は「魚のすり身団子と牛肉のおかゆ」、ユウちゃんは「糖朝のおすすめおかゆ」。
    量の多いおかゆ

    さらには『糖朝』といえば「コレ!」ってぐらい有名な
    マンゴープリンもご注文。
    有名なマンゴープリン

    お腹がいっぱいになった段階で
    地下鉄に乗って黄大仙駅へ移動。

    ここには、香港で最も有名な道教の寺院「黄大仙廟」があります。
    黄大仙のお寺

    願い事が叶うお寺として、多くの信者がお参りに訪れ
    願をかけたり、占いをして、神様からの声を聞くところです。

    今日のメインイベントはここで占いをしてもらうこと!

    まずは入口にたくさんの、お線香を売るお店が並んでいます。
    お線香を売るお店が並んでいる

    中国では旧暦の年末にあたるため、
    いまは毎日、「今年1年間、ありがとうございました」と
    お礼参りに訪れる信者がたくさんいて、お寺の中はごった返していました。
    大賑わいのお寺

    皆さん、供物を捧げ、膝をついて、神様にお祈りしています。
    供物を持って祈る人がたくさんいました

    年末なので、供物も豪華で「ブタの丸焼き」とかを捧げていました。
    ブタの丸焼きを持参するそうです
    これは祈り終わったら、持ってかえって親族で食べるらしい。

    ここでは膝をついて、願をかけながら「おみくじ」を引きます。
    自分で引くわけではなく、番号の書かれたおみくじの入った筒を振り続け、
    最終的に1本飛び出してきたものが、自分の番号。
    その番号を元に占います。

    超真剣におみくじを引いている、ユウちゃん!
    真剣に祈りながらおみくじを引くユウちゃん

    自分の番号が出たら、すぐ隣にある
    占い師のブースが180軒ほど並んでいる場所へ移動します。
    私たちは朝早かったので、半分も開いていませんでした。
    占いのブースがたくさん並んでいます

    広東語で占ってもらうので、ガイドさんを雇っていたため、
    彼女のおすすめの占い師さんのところへ行きました。
    私たちがみてもらったところ

    どうやら、有名な占い師さんらしく、
    私たちがいる間に、地元の人が何人もやってきて、順番待ちをしていました。

    番号を告げると、その番号のおみくじを出してくれます。
    漢字が並ぶそのおみくじは、香港の人でも読めないそうで
    占い師さんだけが意味を読み解けるそうです。

    生年月日をいうと、読み解いてくれます。
    私は残念ながら、今年はあまり運が良くないそうです……。ガックリ。

    その後、顔相や手相で占ってくれるというので
    合計750香港ドルを支払い、占ってもらうことにしました。

    私は「面白そう」って軽いノリで出かけたのですが
    ユウちゃんはものすごく真剣にいろいろと質問していたので
    時間的には私の倍ぐらいかかっていました(笑)。
    ハンサムなダンナさまが見つかりますよ、とか
    結婚相手はこんな職業の人で、どっちの方角に住んでいますとか
    具体的に言われたそうです。
    終わってから、早速、「自分の結婚相手はこういう人」と、
    まだ出会っていない未来のダンナさまに関して
    真面目に分析していたので、思わず感心してしまった。

    私はいつものことですが「あなたのパワーは仕事で発揮される!
    これからもずっと働き続けろ!」と断言されちゃいました(笑)。
    もう驚かないです、はい。
    わざわざ香港まで行って、同じこと言われちゃうってことは
    もう、「一生、働きマン」って運命なんだろうなぁ。

    占いの後は、香港の有名デザート店『許留山』で
    マンゴーデザート三昧をしながら、ちょっと休憩。
    マンゴーデザートの店「許留山」これがマンゴーづくし!

    腹ごなしに、海辺へ向かい、
    海沿いの道路に映画スターの手形が埋め込まれている
    「アベニューオブ・スターズ」をお散歩しました。
    アベニュー・オブ・スターズ

    海のそばの植え込みにいた猫ちゃん。
    暑いから、日陰で涼しんでいたようです。
    植え込みにいた猫ちゃん

    アベニュー・オブ・スターズから見た対岸の香港島の景色。
    香港島の風景その1香港島の風景その2

    こんなモニュメントが設置されていました。
    こんなモニュメントもあり

    そして、ジャッキー・チェンの手形と私の手。
    ジャッキー・チェンの手と私の手

    海辺で叫ぶ、ブルース・リーの彫像。
    海辺のブルース・リー

    海辺を散策した後、スター・フェリーに乗りました。
    香港島と九龍島を結ぶスターフェリースターフェリー乗り場

    海の上、フェリーから見た香港島の景色。
    スターフェリーから見た香港島の眺めその1スターフェリーから見た香港島の眺めその2

    フェリーの艦内は意外ときれい。
    スターフェリーの艦内

    香港島に着いたら、海沿いに建つフォーシーズンズホテルに
    急ぎました。
    15時からのアフタヌーンティーを楽しむためです。

    1階のカフェ「ザ・ラウンジ」で受付後、
    10分ほど待って、席へ案内されました。
    お茶も選べたので、香港のフォーシーズンズホテル限定という
    「フォーシーズンズ・ホンコン・ブレンド」を注文しました。

    早速、トレイがやってきた。
    アフタヌーンティーの3段トレイ

    一番下のフィンガーフードのトレイ。
    フィンガーフードのトレイ

    真ん中のスコーンのトレイと、クロテッドクリーム&ジャム。
    スコーンのトレイクロテッドクリームとジャム

    そして、デザートのトレイです。
    デザートのトレイ

    今回、フォーシーズンズホテルのアフタヌーンティーを選んだ理由は
    「シルバートレイサービス」!
    なんと、デザートのトレイにのっている以外のスウィーツを
    別のトレイにのせて、追加で持ってきてくれるんです。
    全種類食べたかったけど、我慢して何個かチョイス。
    「絶対に頼まなきゃいけない」とクチコミで書かれていた
    マカロンは忘れずに選びました!
    セカンドトレイのデザート

    入口付近ではジャズバンドが生演奏を繰り広げています。
    なんて、贅沢な時間なんでしょう。
    ラウンジではバンド演奏もあり

    アフタヌーンティーは1人だと190香港ドル、2人だと350香港ドルです。
    贅沢で、ゆったりとした時間を味わえるって意味では
    決してお高くないと思います。

    そして、本日の最後のイベントは、昨日、空振りした
    ヴィクトリアピークからの夜景鑑賞です。

    フォーシーズンズホテルのそばから「15番」のバスが出ていたので
    昨日に引き続き、それに乗り込みました。

    今回はバスの終点に到着したときに
    まだ日は暮れておらず、夕暮れの景色や夕日に間に合った!
    ヴィクトリアピークからの夕焼けヴィクトリアピークからの夕刻の町並み

    で、張り切って、ピークトラムに乗りに行きました。
    やっと巡り合えたピークトラムピークトラム乗り場

    でもね、ここで、私たちはまだ気づいていなかったんです。
    自分たちのビックミステイクに!!

    私たちはピークトラムに乗って、「山頂へ」向かうつもりだったんです。
    ただ、目の前の列車は下に向かって走っていく。
    そもそも、周囲を見回しても、いま、私たちがいる場所から
    上に延びている線路はない。

    「おかしいなぁ。どうして、下に向かって走るんだろう」と
    思いつつも、ピークトラムに乗り込みました。
    「ちょっとだけ、後ろ向きに走って、どこかで
    スイッチバックするのかも!」なんて、話していたら
    列車は急スピードで山を下っていくじゃないですか。
    しかも、背中を下にして急降下。
    後ろ向きにジェットコースターに乗っているみたいな気分です。
    景色がどんどん、後ろ向きに流れていく中で
    1つの結論に達しました。

    「ユ、ユウちゃん。もしかして、私たち、あのバスで
    最初から山頂にたどり着いていたんじゃないかしら。
    つまり、本来の夜景ポイントはいま、乗り込んだ場所で
    いま、私たちが向かっている先は、夜景のキレイな山頂ではなく
    夜景なんかまったく見えない地上なんではないかしら」

    アタリでした。
    着いた先は、300メートル下の街中です。
    つまり、30分以上かけて、わざわざ登った山道を
    あっという間に降りてきちゃったわけです。
    なんていう時間とお金の無駄!!!

    「15C」のバスに乗ったら、このピークトラムの駅に着くけれど、
    「15」に乗ってしまうと、ピークトラムいらずで
    直接、山頂に着いちゃうんですね。
    昨日の濃霧のせいで(?)、そんなトリック(??)に
    まるで気づきませんでした。

    2人で情けないやら、悲しいやら。
    それでも、夜景を見ずに降りてきちゃったので
    「ここで帰るのもなんだから」と、またまた並んで
    ピークトラムに乗り、山頂を目指しましたよ。
    ついにピークトラムに乗り込んだけど

    山頂に着いたら、ピークタワーの展望台へ。
    20香港ドルを支払うと、360度景色を楽しめる展望台へ入れるのです。

    その頃には、まさに「100万ドルの夜景」。
    必要以上に苦労して、やっと見ることが出来ました。
    ヴィクトリアピークからの夜景その1ヴィクトリアピークからの夜景その2

    さすがに疲れて、2人ともすぐにホテルへ帰ることを選びました。
    もう、自分たちのおバカさに呆れた出来事でしたね。
    なんで気づかなかったんだろうなぁ。
    ちょっと考えれば、わかりそうなことなのに……。
    | Travel | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.macky.nikita.jp/trackback/664584
    トラックバック