Macky's つれづれ日記

CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 強風の中、『ドラリオン』鑑賞 | main | 第80回アカデミー賞授賞式が終了 >>
今シーズンのドラマで気になる番組
0
    2008年最初のシーズンのドラマもそろそろ中盤を迎えています。

    毎週欠かさず観ているもの、初回を観ただけでやめちゃったもの、
    録画して全部録り終わってから一気に観ようと思っているもの、
    まぁいろいろとありますね。

    私がとりあえず、観ている番組はこんな感じ。

    『薔薇のない花屋』
    『ハチミツとクローバー』
    『明日の喜多善男』
    『相棒』
    『斉藤さん』
    『交渉人』
    『鹿男あをによし』
    『エジソンの母』
    『未来講師めぐる』

    『ハチクロ』と『斉藤さん』は最初の2話だけ観て
    あとは「全部録画してからまとめて観る」に切り替えました。

    『未来講師めぐる』は「さすが、クドカン」ってぐらい
    ハチャメチャで、金曜の夜を飾るにふさわしい作品だと思います。
    全話録画していますので、観たい人はお申し出ください(笑)。

    『交渉人』はキャストは結構イイ味なんだけど
    いかんせん、内容が薄い。
    どうやら打ち切りみたいですね。今週でおしまいです。

    本当は香里奈ちゃんが好きなので、彼女の初主演ドラマを観たかったんですが
    さすがにこれ以上録画すると大変なので、
    再放送にかけることにしました。
    TBSだから、きっとすぐに再放送するでしょう。

    今回のシーズンで、私の中のヒット作は『エジソンの母』です。
    毎週、一番楽しみにしているドラマですね。

    伊藤美咲が出ているドラマって、いままでどうも消化不良だったんだけど
    『エジソンの母』は面白い!

    どんなことにも「どうして?」「なんで?」と疑問を持ち、
    思いついたら実行せずにはいられない小学生の男の子の話です。
    彼を知り「この子は将来、とんでもない天才になる!」と才能を伸ばそうとする人、
    「この子は頭がおかしいのよ!」と彼を排除しようとする
    同級生のモンスターペアレンツや教師たち。

    男の子の担任教師である伊藤美咲も最初は周囲に迎合して
    「こんな変な子がクラスにいたら困る」と思っていたんだけれど、
    だんだん「もしかして、この子は本当に天才なのかもしれない」と思い始め、
    子どもの個性を生かすほうに力を注ぐようになるんです。

    私がこのドラマで一番好きなのは、同級生の子どもたちの描き方。
    同級生の親は「うちの子に悪影響だ。転校させろ」って
    大騒ぎしているんだけど、子どもたちは彼を受け入れて
    彼はクラスでは人気者なんです。

    新しいアイデアを次々と出したり、
    親が「こうだ」って決め付けていたことを
    「それって、もしかしてこうなのかもよ」と別の視点から語る彼を、
    みんなは「そんな考え方があるんだ。おもしろーい」と素直に受け止める。

    もしかしたら、本当の子どもの世界はこうなのかも、
    って思わせてくれるんですよね。

    個性を持つことや何かを思いつくことは決して悪いことではない、
    って子どもたちは自然と受け止めているのに
    親たちが受け止められない。
    逆に「悪影響だ」と排除する姿に
    現代のひずみというか、子どもを取り巻く環境が
    だんだんおかしくなっている原因が描かれている気がします。

    まぁ、ストーリー自体は明るくコミカルなんですけど。

    少年の将来に期待して、応援している大学教授と校長先生が出てくるんですが
    そういう大人がもっといっぱい増えるといいなと思います。
    | Television | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.macky.nikita.jp/trackback/709234
    トラックバック