Macky's つれづれ日記

CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< お台場『EHON JAPAN 2008』へ行く! | main | セラピーサロン『fuwafuka』オープン! >>
映画『プルミエール』鑑賞
0
    ジュジュ子ちゃんと一緒に日比谷で
    『プルミエール』という映画を観てきました。

    これは世界各国の女性たちの出産シーンを追った
    ドキュメンタリー映画です。
    2006年3月29日、皆既日食を迎えた日に出産した10人の女性たちの
    それぞれの時間を丁寧になぞっていました。

    イルカと一緒に海で出産する人、命がけで医者には頼らず自然出産を目指す人、
    砂漠で生む人、吹雪の中で生む人……。

    いろんな国、宗教、環境、思想によって生み方は違うけれど、
    この世に命が誕生するシーンは全世界共通で美しいなぁと思いました。

    日本人の妊婦さんも1人紹介されていましたが、
    彼女の出産はちょっと特殊で、一般的な日本人とは違いました。

    ただ、映画を観終わったとき、ジュジュ子ちゃんと
    「羨ましいな。もし、いつか子どもを生むとしたらあの産院で生みたいねぇ」
    と話し合ったほど、素晴らしい産院でのお産でしたよ。

    女性の観客がほとんどだったけれど
    たぶん、臨月の人でダンナさんと観に来ていた人もいました。
    出産前に2人で観ると、非常に良い映画だと思います。
    愛がより一層深まる、とでも言うのでしょうか。

    男性にもぜひ観てもらいたいし、女性にも観てもらいたい
    素晴らしい作品です。

    【プルミエール】
    http://premiere-movie.com/
    | Movie | 10:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    はじめまして。
    以前お書きになっていた山本印店さんに昨日行ってきました。
    思わず書き込みがしたくなり失礼します。
    このお店は15年程前から噂で聞いていて、気にはしていたのですが色々あって行かずに今日まで来ていました。
    どうしようもなく印鑑を作らなくてはいけない!!という衝動にかわれたのは、主人との関係がこの所ギクシャクしている事や、仕事上では今更面倒なので旧姓で活動している為、旧姓の印(三文判)を使用するにあたり、それが災いを生じさせているのでは・・・。
    等と勝手な解釈をして、もやもやしておりました。
    そして私の勝手な妄想で、主人を困らせておりました。
    本当のところ、今でも半信半疑の部分はあるのですが、昨日伺ったところ、主人と同じ言葉を言われました「変わらない、何があっても変わらずだ」と。主人は初婚ですが、私は二度目の子持ちです。
    印鑑の姓は現在の主人の苗字に一括した方が良いのではと思っていたのですが、そうではなくて旧姓の印鑑が一番大事だと言われました。
    驚きました。
    おまけに10代の頃、結婚には早い時期という事でやむなく子供を亡くした事までお分かりになりました。
    その子は男の子だった!亡くなった父の生まれ変わりだったという事。
    何よりも驚いたのは性別の知らせはなかったのですが、私自身もずっと男の子だったと思っていました。
    その事をさらっと言われたというのは本当に驚きでした。
    父はずっと私の事を気に掛けて私のもとから生まれたいと今でも思っているようです。
    でも、残念な事に私はもう子供を産める身体ではありません。
    ですが、孫かひ孫かで父には出会えるらしいです。
    不思議な話ですが私は信じたいと思いました。

    今の主人とは縁あって9歳も年下ですが一緒になって、もう7年が経ちました。
    仕事も、私生活も一緒の毎日ですが、日々一緒にいる事が苦痛でなく心地よい習慣になっていました。
    ところが、いつもなら気にならないはずのことが異常に気になりだし、どうしょうもない孤独感に襲われていました。
    浮気などしていない!とはっきり言われても信じれませんでした。

    その事も含めて伺ったら、上記の通り主人と同じ事を言われ、主人は私にいて欲しいと思っていて、過去などどうでも良く、仕事として生活としてパートナーでいて欲しいと思っているだけの人!と言われました。
    なんだか説得力の無い言葉でしたが、ひとまず心配が無いという事だけはわかりました。

    もう何年も父のお墓参りに行っていないので、近いうちに二人で出かけようと思います。
    どうやら墓守は私の仕事だそうです。

    そして、主人への疑いや、山本印店に電話(一度で予約成立しました!)をさせる事、行かせることは全て父がさせた事だそうです。

    他にも色々あったようですが、色々気にしてもしてもしょうがないからね!!と笑われました。

    とってもいい歳ですが、未来に向けて歩く為にも元気で明るく頑張ろう!!と思いました。

    長々とすみません。
    ですが、一昨日このブログに出会い電話をする決心をしたもので、どうしても書き込みしたくなりました。
    ごめんなさい。


    | ピンクジン | 2008/05/02 2:22 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.macky.nikita.jp/trackback/824051
    トラックバック