Macky's つれづれ日記

CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 茅ヶ崎『肉の旭屋』のメンチカツ | main | 東京のお盆は7月 >>
いい病院、悪い病院
0
    えーと、実はこの1ヵ月余り、乳ガンの疑いがあって
    様々な検査を受けておりました。
    一応、検査結果では「大丈夫」ということだったので
    ちょっと安心しているんですけれど
    今回はその過程で体験した病院のお話。

    私には7歳違いの姉がいて、彼女がちょうど7年前に
    乳ガンを発病しました。
    2回手術して、いまは再発の危険があるといわれる5年もクリアし、
    姉は元気に飛び回っていますけれどね。
    ただ、姉のガン発覚時の初期症状が乳首からの出血でした。

    そして、6月のある日、私も同じ症状に見舞われたんです。
    すごくビックリして、すぐにお茶の水にある
    総合病院「杏雲堂病院」へ行きました。

    ここは婦人科系では日本でも有数の優れた病院と言われていて
    子宮筋腫とか子宮内膜症にかかった友達が何人か通っています。
    私のかかりつけのレディースクリニックの先生も
    「婦人科の中では最高峰で、僕も研修に行ったよ」と
    言っていた病院です。

    私は婦人科ではないけれど、それほどの評判の病院なら
    間違いないだろうと思って、出かけたんですね。

    私は外科を受診しました。
    乳ガンの場合は婦人科ではなく外科、中でも乳房専門の
    「乳腺外来」に行くのがオススメです。
    これを間違えちゃう人が結構いるみたい。
    実際にうちの姉がそうでした(笑)。

    で、私は姉と違って、最初から外科を受診。
    「こういう症状なので受診したい」と説明した私に
    総合受付の人も、問診表を渡してくれた外科の看護婦さんも
    とっても親切でした。
    看護婦さんから「まずは先生の診察の前に
    乳ガン検査の必須であるマンモグラフィーと超音波検査を
    受けてください」と言われて、検査を受けることに。

    超音波検査を担当してくれた女性の検査技師さんも、
    レントゲンを担当してくれた女性のX線技師さんも、
    私の症状や、姉の発病履歴を聞き、
    「それは心配ですね。しっかり検査しましょうね」と
    思いやりを見せてくれたし、
    患者を不安にさせないように、とっても気を配ってくれたんです。
    すごく救われました。

    なのに!!

    検査が終わり、外科へ戻ると、なぜかザワザワしています。
    どうやら、本来、私を診るはずだった先生に急用ができて
    診察ができなくなったらしい。
    そこで代わりに呼ばれてきたのが、ものすごーく
    ダラダラとした若いお医者さん。

    診察室で向かい合っても、ダンマリです。
    レントゲン写真と超音波の結果をチラッと見ながら
    「あー、なんでもないです。ガンじゃないです」。

    私がビックリして「でも、出血しているんですよ。
    ガンじゃないとしても何か理由があるんじゃないですか?」と
    聞いたら、「さあ」と一言。
    「さあ」って何ですか!?

    それでも、「うちは姉が乳ガンを患ったし、
    出血の理由がわからないと不安なんです」と食い下がったんですが
    診察も、検査もするつもりはないようで
    「もし、何かあったら、また来てください」って
    さっさと帰るよう指示されました。

    「何かあった」から、今ここに来ているんじゃないかー!!
    と思ってしまいました。

    会社に戻って、事の顛末を話したら
    同僚たちはみんな、「なんですか、その病院!」と大ブーイング。

    周囲から「そんな病院は信用ならないから
    セカンド・オピニオンを受けるべきだ!」と言われて
    いろいろと調べた末に、以前、何度か検査を受けたことのある
    赤羽橋の「国際医療福祉大学三田病院」の乳腺センターへ電話をしました。

    私は基本的に大学病院は嫌いなんですけど
    (昔、大学病院では嫌な思いをいっぱいしたから)
    ここは3年前までは、タバコを販売している
    JT(旧日本専売公社=日本たばこ産業)が運営していた
    「東京専売病院」だったんです。
    経営母体が変わったけれど、専売病院時代のカルテが
    残っていたので、2年前にも一度受診したことがあります。

    そのとき、大学病院とは思えない雰囲気を維持していて
    ちょっぴり感動したんですよね。

    乳腺センターに電話をして受診したい旨を告げたところ、
    「いつも混んでいるので完全予約制なのですが」と言われてガックリ。
    でも、症状を話したら、「一番早く予約を取れる日を探します」と
    調べてくれて、翌週の午後に予約を入れてくれました。

    そして先週、三田病院へ。
    杏雲堂病院とは違って、まず最初にお医者さんが問診をしてくれます。
    担当は30代前半ぐらいの女性の先生。
    姉の病歴や、私の症状を説明したら
    熱心に聞いてくれましたし、「それは不安でしたね」と
    やさしい言葉もかけてくれました。
    病院に一番大切なのは、そこですよね。

    前の病院でのひどい出来事も説明したら絶句していた。
    「精密検査もしないで、帰されたんですか? あり得ない」ですって。

    それから、改めてマンモグラフィーと超音波検査を受けました。
    今回の技師さんも2人とも女性で親切でしたよ。

    検査結果を持参して、ふたたび診察。
    先生が何度も何度も検査結果を見比べた末、
    超音波の結果表を見せながら
    「実はここに袋状のものがあります。たぶん、出血は
    この袋が原因で起こっていますね」と教えてくれました。

    「直接、中の細胞を取って調べましょう」と
    その場で、先生自らが超音波装置を操作しながら
    私の体に針を差し込んでいきます。
    その手際がまた素晴らしい。
    原因と思われる部分から細胞を取り出し、さらには
    出血した血液も採取して、「これらをすべて検査します」ということで
    その日は終了。
    時間がかかって大変だったけれど、なんだかすごくホッとした。

    そして今週、検査結果を聞きに行ったら
    「とりあえず、ガン細胞じゃありませんでした」と
    言われて、ひと安心です。
    ただ、「乳腺の内側から広がるガンもあるので、その心配を
    取り除くためには、もうちょっと高度な検査が必要」と
    MRI検査を勧められたので、来週、
    生まれて初めてのMRI検査を受けてきます。

    それにしても、腹が立つのは最初の病院の若い医者。
    どうして、同じ超音波検査をしたのに
    前の医者は発見できなかったんだろう。
    そして、どうして、三田病院の先生みたいに
    きちんと出血の理由を解明しようと
    精密検査をしてくれなかったんだろう。

    急に呼ばれて面倒だったから、
    って理由で、治療に手を抜かれたとしか思えない。
    あんなやる気のない医者がこれから先、誰かの体を切ったり、
    つなげたりするのかと思うと恐ろしい〜。

    あのまま、杏雲堂病院の若い医者を信じて
    セカンド・オピニオンを受けなかったら
    もしかして何か病気の場合、手遅れになっていたかもしれない!!
    そう思うと、本当にゾッとするほど怖かったです。

    お医者さんにも絶対に、いい医者と悪い医者がいますね。
    病院選びって、ものすごく難しいんだなと改めて思いました。
    | Private | 20:55 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    大変な思いをしたんだね。どの病院が良いのか悪いのかを見極めるのは本当に難しい。とにかく何もないことを願います。
    | yun | 2008/07/19 3:27 PM |
    大変な 思いされたんですね。私も 母が 乳ガンで 他界してるので 本当に 怖い病気ですし 毎年の検査は 大切ですね。私も日々おもってます。病院も 検査が やたら好きな病院と なにもしてくれない 病院と あると思います。やはり 健康が 第一と 母の 病気で おもいましたので お互いに気を付けましょうね!
    | みい | 2008/08/12 11:35 AM |
    >yun
    遠くタイの地から心配してくれてありがとう。
    帰国したらいろいろと話したいので
    会いたいです。

    >みぃさん
    乳がんって本当に遺伝性が高いみたいですね。
    いまになって、「健康第一」って
    言葉が身にしみます。
    みぃさんもマメに検査を受けるようにしてください。
    | Macky | 2008/08/13 11:50 AM |
    記事、読ませて頂きました。

    私もそのような経験を沢山しました。
    東京でかかりつけのお医者様で信用性のある病院をずっと探していて、やっとたどり着いたのが三田病院でした。


    私はヘルニアでしたが、
    とある大きな大学病院はCTもレントゲンも取らず、整形外科と外科をたらい回しにされたあげく「良くわかりませんねぇ。」と言われたあげく、二重診察の料金をしっかり取られました。

    CT取ってくださいと反論したのにも関わらず、やってくれなかったですし。


    本当に病院選びは大雪ですね。
    人の命を助けるべき人が、「わかりません」と不安をあおるような言葉を なげかけるなんて本当信じられないなとその時思ってしまいました!
    | takako | 2013/03/01 6:46 PM |
    PCに不慣れでブログなどのコメントをしたことがないのですが、思わずコメントしたくなりました。
    実は、父が杏雲堂に入院中で、あまりの対応の悪さに『杏雲堂 評判』で検索すると、このページが一番に出てきました。
    父は肝臓内科で別の科ですが入院中です。昨日、ケアマネと医師との話し合いがあり、私は遅れて到着したので、ナースステーションで説明して医師はどこかと尋ねました。
    すると、「さあ」という返事。3度同じことを繰り返し「患者さんの部屋をのぞいたらいかがですか」とこちらも見ずに返事。
    勝手にカンファレンスルームをノックして開けた所、研修生たちが会議中。追いかけてきて苦情を言われました。
    私だけかと思っていましたが、確信できました。私自身は決してかかる事はないと思います。
    すみません。昨日の今日で感情的な文章になってしまいましたが、思わずコメントしてしまいました。
    | 古沢沙月 | 2013/07/10 2:27 PM |
     大木という医者ですか?
    | 事情通 | 2013/10/15 6:40 PM |
    杏雲堂病院で杜撰な診察を受けました。

    目眩、吐き気、手足の痺れ、息苦しさで受診したのですが、「ひとまず寝れば治るから」と言われ、静脈注射をされて眠らされました。

    過呼吸の症状は治まったものの、立ちくらみや吐き気、手足の痺れは残っているので症状を訴えたら、「それは専門外だから勉強してない。私は循環器の専門だしひとまずやることはやったから、帰って」と医師に言われ、看護師からは「精神的な問題じゃない?帰って休めば大丈夫よ」と言われ、血の気が引いてクラクラするのと手足の痺れに不安になっている私にちゃんと答えてはくれませんでした。

    それだけじゃなく、私が眠らされている間に勝手にお財布を開けられて、保険証を取り出されて手続きされてました。

    眠らせる前でも後でも言えば当然保険証を出すのに、勝手にお財布を開けるなんて信じられません!

    しかも、その事を目覚めた後も何も言わなくて、ただお財布の中からカードとか保険証とかが引っ張り出されてるんです!

    支払いの時に提示を求められなかったから勝手に出したのは間違いありません!受診前に受付票も書いて出したので、氏名も住所も分かってるのに…。

    診察が不親切なだけでなく、寝ている間に勝手にお財布を開けるなんて…本当に不信感しかありません!

    もう二度と行きません。
    | momo | 2015/10/13 5:29 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.macky.nikita.jp/trackback/915359
    トラックバック