Macky's つれづれ日記

CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
RECOMMEND
名車の残像(全2巻)
名車の残像(全2巻) (JUGEMレビュー »)
永島 譲二
車好きな人も、私みたいな車オンチでも楽しめる、素敵な写真集&エッセーです。文章を書いているのはドイツ在住のBMWデザイナー永島譲二さん。サイコーに面白い人ですよ!!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
竹光侍 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
永福さんが原作の時代劇「竹光侍」の第4巻!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
『星空の贈り物』でオーロラを観る
0
    先日、デザートビュッフェを食べたマンダリンオリエンタル東京の斜め前に、
    子ども連れにやさしいというコンセプトの
    期間限定コンビニ『HAPPY LOWSON(ハッピーローソン)』を発見。
    ハッピーローソン外観
    ニュースでは見たことあったんですが、実際にどこにあるのかは知りませんでした。

    うさぎの「ミッフィーちゃん」で有名なディック・ブルーナの
    イラストで彩られている店舗は、2階建てで、上階には
    子供用にプレイルームがあるようです(中には入りませんでした)。
    ディック・ブルーナのイラストで飾られています

    気になったので写真を撮っていたら、その隣に、
    チケットブースがあることに気づきました。

    近づいてみると、今年の6月末までの期間限定で開催されている
    「日本橋HD DVDプラネタリウム」。
    チケット売り場は大人気
    丸いテントがプラネタリウム

    デザートビュッフェに参加していたチカちゃんが
    「最近、どこかでオーロラの観れるプラネタリウムをやっているみたい」と
    ケーキを食べながら話していたばかりだったので
    「もしかして、さっきの話に出てきたプラネタリウムはここじゃない?」と
    みんなで大騒ぎ。

    結局、時間のある私とチカちゃんとスズキさんの3人で
    チケットを買い、入場しちゃいました。
    場内は混んでいて、ほぼ満席でしたよ。

    プラネタリウムのプログラムは
    『星空の贈り物』『宇宙へのパスポート』と2つあり、
    1時間おきに上映されています。
    私たちは「オーロラが観たい!」というチカちゃんのリクエストに沿って
    『星空の贈り物』をチョイス。

    140度ぐらいまでは倒れるリクライニングシートにもたれながら
    コーヒーのCMにも出ていたプラネタリウムクリエーター大平貴之さんが
    監修した映像を約20分楽しみました。

    オーロラ。あんなにヒラヒラするものなんだ〜。
    死ぬまでに一度は生で観てみたいかも…。

    ただ、1回40〜50分ぐらいのプログラムだと思っていたのに
    20分ぐらいで終わってしまって、「え、これだけ?」という感は
    否めませんでした。

    『宇宙へのパスポート』のほうが料金が200円高いので
    もうちょっと長めなのかな?
    会期終了までに機会があれば、『宇宙へのパスポート』も観てみようと思います。


    ところで、ブログを開設してから今日でちょうど365日になりました。
    つまり1年間、毎日ブログを更新したことになります。
    明日からは2年目。早いなぁ。
    これからも、気負わず、マイペースに続けていくつもりなので
    おヒマなときに遊びに来てください。

    【HAPPY LOWSON(ハッピーローソン)】※6月30日までの予定
    http://www3.lawson-miffy.jp/happylawson/index.html

    【日本橋HD DVDプラネタリウム】※6月30日まで
    http://www.tfm.co.jp/star/
    | Event | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ−天才の実像」へ
    0
      なんだか、今週はイベント話ばっかりですが
      とりあえず、忘れる前に書いておこうと思うのでお付き合いください。

      先日、上野の国立博物館で開催されている
      『特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ−天才の実像」』へ行って来ました。
      国立博物館入口

      国立博物館は上野公園の端っこにあり、
      上野駅から10分以上歩くので、いつも「遠いな」と思っていたんですよ。
      それが、チケットに記載されている地図を見たら、
      鶯谷駅からのほうが直線距離で近かったので、
      今回は思い切って隣の鶯谷駅で下車してみました。
      しかし! 公園を突っ切ることは出来ず、
      ぐるっと周らされるので、結局、上野駅から歩いても
      時間的には変わらない、と知りました。
      だまされた…。

      やっとたどり着いた正門前では、男性スタッフが
      「『受胎告知』をご覧になる方は右へお進みくださーい!
      ただいま、30分待ちでーす!」
      とアナウンスしていました。

      本邦初公開というレオナルド・ダ・ヴィンチの代表作『受胎告知』は、
      別館の第1会場に1点だけで展示されています。
      その1点を見るために、大勢の人が根気強く並んで待っていました。
      長蛇の列に並びました

      うーーん。
      日本人って、こんなに絵画が好きな民族でしたっけ?

      しかも、実は私、フィレンツェの“ウフィッツィ美術館”で
      本物を見たことがあるのです。
      なので、並んでまで見たいと思っていなかったので
      とってもとっても苦痛だった。
      でも、同行者は初めてなので、絶対に見たいわけですから、
      ガンバって並びましたよ。

      30分待って、やっと絵の前にたどり着いても、
      おしくらまんじゅうみたいな混みようだったので、
      ゆっくり鑑賞することはできなかったです。
      絵の前から全然動かないオバちゃんたちって、いったい
      あの場で何をやっているんだろう?

      とにかく人混みを脱出したくて、
      サラッと『受胎告知』を見たら、すぐに隣の平成館で開催されている
      第2会場へ移動しました。

      第2会場入口

      第2会場も、とんでもない人混みで、入り口からゲンナリ。
      しかも、私の期待した絵画関係はほとんどなく
      大半がダ・ヴィンチの残したノートや、研究したことの分析みたいなものでした。
      どのコーナーも、人が動かず、なかなか近づけなかったし、
      周囲の人を押しやってまで見たいとも思わなかったので
      足を止めずにズンズン進んじゃいましたよ。

      私のとっては、あまり得るもののない美術展だった気がします。
      残念ながら。

      人混みにもみくちゃにされたことで、とっても疲れたので、
      上野公園で休んでから帰ることにしたんですが
      休憩しようと思った売店で数年ぶりに「パンダ焼き」を発見し、
      思わず買っちゃった。

      これが上野動物園名物『桜木亭』のパンダ焼き。
      上野名物パンダ焼き
      焼きたてはホカホカ

      ちょっと間抜けなパンダの顔がかわいいんです!
      中はコシあんが入っています。

      【特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ−天才の実像」】
      開催場所:東京国立博物館本館特別5室・平成館特別展示室
      開催期間:2007年3月20日(火)〜2007年6月17日(日)
      開館時間:午前9時30分〜午後5時
            金曜日は午後8時まで、土・日曜、祝日は午後6時まで
            4月27日〜5月6日は連日午後8時まで(入館は閉館30分前まで)
      休 館 日:月曜日(ただし4月30日[月・休]は開館)
      | Event | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      ヴァンクリーフ&アーペル100年『永遠の煌めき展』へ
      0
        昨日、トモちゃんから招待券をもらったので
        今日が最終日の『ヴァンクリーフ&アーペル100年「永遠の煌めき展」』を見に
        池袋西武へ行って来ました。
        ヴァン クリーフ&アーペル 永遠の煌めき展

        ヴァンクリーフ&アーペルといったら、女の子にとっては
        憧れのハイクラス宝飾ブランドですよね。

        今回のイベントは1906年に創設されたヴァンクリーフ&アーペルの
        100周年を記念して開催されたもので、パリの本店所蔵の
        歴史的ジュエリー100点が展示されていました。

        当然、どれも値段がつかないようなレアアイテムばかり。
        あっちこっちでガードマンが見張っていて、悪いこと(?)はできなかったです。

        モナコのグレース・ケリー王妃や、「王位を捨てた恋」でおなじみの
        英国のウィンザー公爵夫人、マレーネ・ディートリッヒ、
        そしてジュリア・ロバーツ、アン・ハサウェイなどハリウッドセレブまで
        いろんなセレブリティが身に着けたアクセサリーが展示されていました。

        グレース王妃のネックレスにもなるティアラとか
        半端じゃない数のダイヤモンドで埋め尽くされていて、
        目がチカチカしちゃいましたよ。

        私が一番魅かれたのは「ジップネックレス」という
        ファスナー(ジッパー)みたいになっているネックレス!
        ヴァンクリーフ&アーペルならではの素敵なデザインでした〜。

        また、ヴァンクリーフ&アーペル独特の技術として名高い、
        『ミステリー・セッティング』の商品を間近で見ることが出来て
        そのテクニックの緻密さに感心。
        加工の様子(工房での作業風景)が
        場内のスクリーンでドキュメンタリー映像で流されていて、
        最初から最後まで興味深く見ちゃいました。

        画家のモディリアニがポスターを作ったりしていたことにも
        ビックリしましたね。
        やっぱり、すごいブランドだ。
        自分で買うことは一生ないだろうけど…。

        イベントを見た後、西武内のヴァンクリーフ&アーペルの特設ショップへ行ったら、
        最新のアルハンブラシリーズの宣伝素材をくれました。
        何も買っていないのに紙袋までもらえて、ちょっとラッキー!

        こんなものをもらいました
        | Event | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        『ヅラ展』に行ってきちゃいました!
        0
          思いのほか、仕事が早く終わったので、「これはチャンス!」と
          渋谷在勤のマリちゃんと待ち合わせて、念願の『ヅラ展』へ行ってみました!
          会場は渋谷パルコPART.1の地下1階。パルコブックセンターの隅っこにある、
          小さなギャラリースペース<ロゴスギャラリー>です。
          ヅラ展の入口

          そこには映画『ヅラ刑事』の広告に使用した登場人物のフィギュアや、
          オリジナルのヅラ・フィギュアたち、
          そして作者のデハラユキノリ氏の別の作品である『お野菜戦争』の
          キャラたちが飾られていました。
          写真撮影禁止だったので、ここでお見せできないのが残念ですが、
          かなり味のあるヅラ・キャラが勢ぞろいしていましたよ。
          入場は無料なので、もし、開催期間中に渋谷へ行く機会があれば、
          ちょっと足を運んでみることをお勧めします。

          大きな壁に飾られているフィギュアは購入できるようになっていて、
          売約済みの人形の横には購入者のポラロイド写真とメッセージが
          添付されていました。
          ヅラ展の会場内

          中には「こんなカワイイあなたが、なぜこれを〜!?」と思うような
          カワイ子ちゃん(←これも死語?)が超ヘンなフィギュアを
          買っていたりして、驚いちゃいましたよ。いったい、どこに飾るの!?

          もちろん、オリジナルグッズも販売されています。
          携帯ストラップなんて、ネーミングが“携帯ストヅラップ”ですから。
          無理矢理「ヅラ」ってワードを入れているとしか思えない(笑)。

          グッズの中でも強烈なインパクトを放ったのが
          「頭部から毛(芽)が生えてきます」という“種シート”。
          オリジナルグッズの“種シート”
          ↑ぜひ写真をクリックして【拡大】してみてください。

          レジのそばで見本として、水栽培されていました。
          気持ち悪いです。そして、1,300円。高いです。

          開催は9月12日(火)の17時まで。さぁ、気になるあなたは急げ!
          ヅラ展とヅラ刑事のチラシセット
          | Event | 23:49 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP
          キミは『ヅラ展』&『ヅラ刑事』を知っているか!?
          0
            今日一日中、外出している斜め後ろの
            マイティー・モーさん(仮名)の席に
            1枚のハガキが届いていました。
            そのハガキ、目に入ると一瞬、止まってしまいます。
            だって、すごいインパクト。

            はがきのオモテ面
            これですよ↑、これ。クリックするとちょっと大きくなります。

            裏面はこれ↓。
            はがきのウラ面

            さらに拡大版がこれ↓。クリックすると大きくなります。
            はがきのウラ面拡大版

            もう、彼の席の前を通る人、通る人、みんなが
            他人のハガキなのに思わず手に取ってしまいます。

            私なんて他人様のハガキを写真に撮ったうえ、
            こうしてブログにあげちゃうし(笑)。

            この『ヅラ展〜デハラユキノリのおやじフギュア達〜』。
            『ヅラ刑事』(こちらもかなりの衝撃的タイトル!)という
            9月16日から渋谷・シネクイントで公開されるモト冬樹主演の映画の
            宣伝美術を担当したフィギュアイラストレーター・デハラユキノリ氏の
            個展らしいんですが、あまりのインパクトの濃さに
            思わず、足を運んでしまいたくなります。
            開催期間は短いので、皆さんもお見逃しなく!

            ちなみに、この『ヅラ刑事』の監督さんは、私が観たくて仕方ない
            『日本以外全部沈没』の河崎実監督!
            なんて素敵な偶然の一致!?(なわけないよね…)
            そして、映画主題歌はモト冬樹の歌う『悲しみはヅラで飛ばせ』。
            心あらわれる素敵なタイトルですよね。


            【ヅラ展〜デハラユキノリのおやじフギュア達〜】
            会場:LOGOS GALLERY 渋谷パルコ パート1 / B1
            期間:2006年9月1日(金)〜9月12日(火)
            開場時間:10:00〜21:00 ※会期中無休/最終日は17:00にて閉店
            入場料:無料
            お問合せ:03-3496-1287(ロゴスギャラリー)
            http://www.parco-art.com/web/logos/dura/

            【映画『ヅラ刑事』公式サイト】
            http://www.duradeka.com/
            | Event | 21:07 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP
            麻布十番まつりが始まりましたよー!
            0
              今日から日曜日までの3日間で開催される、夏の麻布十番の大イベント
              『麻布十番 納涼まつり』が始まりました。
              今朝から、街はお祭りの準備で大騒ぎです。
              本当に街をあげてやるお祭りなので、普段ランチをやっている店も
              ランチを中止して、準備していますからね。

              基本的には15時からスタート。
              私の会社の数メートル先には麻布十番まつりでも一番人気の
              “国際バザール”の会場があります。
              ここは各国大使館を抱える麻布十番らしい場所で
              いろんな国の食べ物の屋台が出ています。

              夕方5時過ぎに「取材」と銘打って、のぞきに行ったら
              すでにとんでもない人混みでした。
              すでにめちゃ混みの国際バザール会場

              食べ物屋さんにはすでに長蛇の列。
              ヨーロッパから南米、アジア各地域のお店が
              並んでいて、匂いをかいでいるだけでもお腹いっぱいになりそうでした。

              スペインの「フィデワ」というショートパスタのパエリアみたいなのが
              美味しそうだった〜。
              私が行ったときは、まだ出来上がっていなくて食べられなかったけど。
              スペインの「フィデワ」を作るおじさん

              あと、気になったのはスウェーデンのブースで売っていた
              『白樺樹液』。
              コントレックスみたいにミネラルが豊富な液体ってことで
              1杯500円もしたんですが、実際に飲んでみたら、溶けきった
              カキ氷のカップの底に沈む、ちょっとだけ甘い水、って感じでした。
              体にいいですよ、って言われても、実感わかなかったです。
              スウェーデンの「白樺樹液」

              アルゼンチンのチョリソは煙がモクモクの中、豪快に焼かれていました。
              ここは店員さんが2人しかいないせいか、ものすごく長い列が出来ていた。
              アルゼンチンの「チョリソ」を焼くおじさん

              そして、国際バザール会場道路を隔てて反対側にある
              高級中華料理店『富麗華』の出店へも足をのばしました!
              ここは通常は手の届かない値段の高い店なんですが
              麻布十番まつりのときだけ半額で商品を販売するんです。
              東麻布の高級中華料理店「富麗華」も出店

              私が大好きな『富麗華』の黒いチャーハンも早速、購入。
              あいかわらず、美味しかった〜。
              私の大好きな黒いチャーハン!


              これから夜になるにつれ、どんどん人が増えてきて、
              仕事が終わって帰る頃には駅にも人が溢れているんだろうな。
              | Event | 19:04 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP
              東京湾大華火祭に行ってきました!<動画付き>
              0
                お天気もいいので、午後、『ガチャピン&ムックカフェ』へ行ってみました。
                最寄り駅は広尾駅って書いてあったけれど、めちゃめちゃ遠いんですけど…。
                渋谷と恵比寿と広尾の真ん中ってぐらい、不便な場所です。
                12時〜17時までの営業時間ということだったので14時半ごろにお店に
                着くよう向かったのですが、着いたときには店の前に長蛇の列。
                近づくと入口の看板に「今日の受付は終了しました」の悲しいお知らせが…。
                私のあとにタクシーでやってきたカップルもいて、
                「入れない」という事実に愕然として、ケンカになっていましたよ。
                もちろん、私も大ショック。
                お腹も空いていたので、不機嫌の極みに!

                で、まずはお腹を満たそうと、広尾にある飲茶食べ放題のお店
                『香港ガーデン』へ行きました。
                このお店は、店員さんが湯気の出ている温かいワゴンをひいて
                店内をグルグル周ってくれるので熱々の点心が食べられる店として、
                ずっと気になっていたんですが、まだ一度も入ったことがなかったんです。
                はりきって店内に入ると、店長らしき人が笑顔を浮かべながら、
                こう言いました。
                「ランチタイムは16時30分で終了ですが、よろしいでしょうか?」
                腕時計を見ると15時25分。
                1時間もあれば十分食べられると思ったので、「いいですよ」と応えると、
                「また、ラストオーダーが15時30分になっておりますが、よろしいですか?」
                は? 15時30分ってあと5分なんですけど。
                「一応、ラストオーダーの際にはテーブルに伺ってご希望をお聞きします」
                と言われ、一瞬悩んだけれど、
                また車で移動して、お店を探すことを考えると、
                オーダーさせてくれるならこのままここで食べても同じだろう、と決断。

                席についてから5分以内に周ってきたワゴンでは
                食べたいものから、特別食べたくないものまで(笑)
                次々と点心を頼み、さらに15時30分にやってきたオーダーチェックには
                「え、そんなに食べるんですか!?」とスタッフに言わせたぐらいの
                大量の料理を注文しちゃいました。
                通常の食べ放題でも、あんなにたくさん頼まないと思うぐらい、
                たくさんのお皿がテーブルを占領。
                まるで“大食いコンテスト”の決勝戦みたいな状態でした!
                おかげで、最後の15分ぐらいは食べるのが苦痛で、苦痛で(笑)。
                1時間で、あんなにたくさんの量の料理を食べたことは
                生まれてこのかた一度もない! というぐらい
                たくさんの中華料理を食べました。
                汚い話ですけど、お店を出たときには吐き気に襲われて、思わず、
                トイレに駆け込んじゃいましたもの。

                あとは家に帰るだけ、と思って車のシートを倒して
                グッタリしていたら、「実はこんなものがあるよ〜」と
                今日一緒に行動していたHちゃんがハガキを見せてくれました。
                なんと、それは『東京湾大華火祭 主会場入場券』!!
                昨日、雨で中止になったので今日使える、というのです。
                気持ち悪いのも忘れて、慌てて銀座へ行き、車を止めて、
                有楽町線で豊洲駅へ。
                豊洲駅からバスに乗り、花火会場に着いたら、ちょうど打ち上げ10分前。
                雨天順延になったせいか、例年よりも観覧人数が少なく、
                ギリギリに着いたわりには絶好のポジションで1時間20分の
                花火を堪能することができました。
                東京湾大華美祭は何度か見ているけれど、これまでで
                一番良いポジションでゆっくり見れたと思います。

                今回も動画で撮影してきたので、よろしければお楽しみください。
                最後の最後、エンディングの場面です。
                音がうるさいので音量を調整してから見てくださいね。

                【東京湾華火祭のムービー 3分12秒】
                http://mp.i-revo.jp/user.php/awzgalaa/attach/2
                | Event | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                朝霞の花火大会に行ってきました!<動画付き>
                0
                  なんて暑い一日だったんでしょう。
                  まさに「夏だ〜!」って天気でしたね。
                  そして、本日は地元・板橋の花火大会や、江戸川花火大会など
                  大きな花火大会がいっぱい行われる日でもありました。

                  でも、板橋花火大会は以前一度、見に行って
                  あまりの混雑にグッタリして「2度と行かない!」と思いましたし、
                  江戸川はわざわざ行くにはちょっと遠いので
                  電車で数駅先の朝霞で行われている市民まつりの一環で
                  開催される花火大会を見に行くことにしました。

                  今日のメンバーはユウちゃんと、地元住民のカメさんです。
                  夕方、涼しくなってから、カメさんに車で迎えに来てもらい
                  途中でユウちゃんを拾って、まずは近所の
                  和風ファミレス『夢庵』で夕食。
                  その後、「どこで見ようか〜」と悩んだ結果、
                  地元を知り尽くしたカメさんの案内で、カメさんの利用している
                  駐車場そばの小さな公園で見ることにしました。
                  ただ、カメさんもその公園で見るのは初めてなので
                  ちゃんと見えるかどうか疑わしかったようです。
                  もし、見えなかったら私たちからブーブー言われるかも
                  しれないから、内心は結構ドキドキしていたのかも(笑)。

                  そして20時。いよいよ打ち上げ開始!
                  打ち上げが始まった瞬間、
                  ユウちゃんと2人で思わず歓声をあげたほど
                  花火がものすごく近くて、大きくて、見やすい!!
                  「すごーい! カメさん。絶好のポジションだ!!」
                  私たちはその場を教えてくれたカメさんを大絶賛!
                  何にも邪魔されず、迫力ある花火を楽しめる
                  素晴らしい場所でした。
                  おかげで1時間、たっぷりと花火を満喫しちゃいました。

                  今日は動画で花火の様子をお届けします。
                  音が大きいかもしれないから、ボリュームを
                  調整してからクリックしてくださいね!

                  【朝霞の花火大会のムービー 1分25秒】
                  http://mp.i-revo.jp/user.php/awzgalaa/attach/1


                  再生アプリケーションはQuick Timeです。
                  インストールされていない方はこちらから、どうぞ。
                  【Windows版】
                  http://www.apple.com/jp/quicktime/download/win.html

                  【Macintosh版】
                  http://www.apple.com/jp/quicktime/download/mac.html
                  | Event | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  初めての隅田川花火
                  0
                    元同僚・マキシマさんにお招きいただき、
                    今日は隅田川花火鑑賞です。
                    マキシマさんの実家の屋上から花火が見えるということなので
                    お言葉に甘えてお邪魔してしまいました。
                    もちろん、浴衣を着て行きましたよ〜。
                    電車の中も浴衣姿の女の子がいっぱい。
                    今年は男の子の浴衣姿も多かったですね。

                    総武線で両国駅を通り過ぎようとしたら、
                    道路がすべて歩行者天国になっていて
                    その道路に人、人、人。道が人で埋められて真っ黒になっている。
                    この花火好きな私が!?と驚かれるかもしれませんが
                    私は隅田川花火を見るのは初めて。
                    それゆえに、「こんなにもたくさんの人が集まるの!?」と
                    ちょっとビビッてしまいました。
                    隅田川に屋形船がところ狭しと並んでいたのも驚いた…。

                    マキシマ家のお母さんが料理をたくさん
                    用意してくれていたので、花火が上がる前から
                    屋上は宴会会場に早変わり。
                    マキシマさんのかわいいお嬢さん・ユイちゃんが
                    浴衣姿で愛らしい笑顔を振りまいてくれて
                    場を一層盛り上げてくれました。
                    浴衣姿のユイちゃん

                    昨年、新築したばかりのため、今年が新居での初めての
                    花火鑑賞なので、「どの位置から花火が見えるのかわからない」と
                    始まるまで、お父さんはドキドキしていたようですが、
                    第一会場の花火がちゃんと見えて、ひと安心。
                    第一会場では花火コンクールが行われているそうで
                    独創的な花火も上がっていて、しっかりと楽しめました。
                    超カラフルな花火があったりして、面白かった↓。
                    隅田川花火その1

                    隅田川花火その2

                    人混みに巻き込まれることなく、イスに座って
                    ゆっくりと花火を見ながら、美味しいものを食べて
                    飲めるなんて、最高の贅沢ですよね。
                    お誘いいただいて、感謝、感謝です。
                    | Event | 23:47 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP
                    ダ・ヴィンチ・コード展に行ってきました
                    0
                      仕事の合間に、ちゃんと上司の許可を得て(←これ大事!)、
                      六本木ヒルズの森タワー52階にある森アーツセンターギャラリーで
                      開催されている『ダ・ヴィンチ・コード展』へ行って来ました。
                      場内は撮影禁止なので入口だけ撮影


                      平日なので館内はガラガラ。
                      セカンドライフを満喫中っぽいお年寄りのご夫婦と、
                      50代のおばちゃんの集団が何組かいたぐらいです。
                      おかげでゆっくりと見て回ることができました。

                      場内は、小説ではなく映画を軸とした構成になっています。
                      だから、小説好きな人には物足りないはず。
                      あと、映画を観た後に来ても、やはり物足りないかなぁ。
                      私はまだ映画版を観ていないので(評判が悪いから躊躇しています)
                      楽しめたのかもしれません。

                      私は絵画を見るのが好きで、しかもルネッサンス美術が大好き。
                      海外旅行へ行くたびに、各地の美術館めぐりをしてきたおかげで
                      『ダ・ヴィンチ・コード』に登場する絵画はほとんど生で見ていました。
                      我ながら、この事実に気づいたとき「すごい」と思っちゃいましたよ。

                      今回の『ダ・ヴィンチ・コード展』での一番の見せ場は
                      “フルスペックハイビジョンの4倍を超える高精細により
                      原寸大で再現したSXRDプロジェクター”で投影される『最後の晩餐』。
                      カーテンで仕切られた小部屋のようなところへ招き入れられ、
                      イスに腰掛けながら、目の前の大きなスクリーンに映し出される
                      『最後の晩餐』を見る、というコーナーでした。
                      実際にミラノへ行った際に、サンタマリア・デッレ・グラッツェ教会の壁に
                      描かれているものを見ましたが、最良な状態で保管するために
                      15分しか展示室にいれないし、何より室内が暗かったので、
                      本やテレビで紹介されているほど
                      ハッキリと見ることができなかったんですけれど、
                      スクリーンに映る『最後の晩餐』は明るく、鮮明でした。

                      そのほか、パソコンを利用した体験コーナーや用語解説コーナーなどもあり、
                      空いているおかげで、どれも待つことなく触れることができ、
                      私は結構楽しかったです。
                      でも、ものすごく混んでいる週末だと、順番がなかなかまわってこなくて
                      イライラするかも。そして「これが長時間待ってまで見るもの?」と
                      マイナスな気持ちになってしまうかもしれません。
                      軽い気持ちで体験するからこそ、楽しい気がする…。


                      【ダ・ヴィンチ・コード展】 6月23日(金)まで開催中
                      http://www.davincicodemuseum.jp/
                      | Event | 23:44 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP